ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第163回】マジシャンアクション『Dandy Ace』アダルトRPG『Subverse』パズルアドベンチャー『It Takes Two』他22作品

スポンサーリンク
ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。

今回で163回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週3月22日~3月28日までにリリースされた作品の中から『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー(日本語対応)』『Yakuza 6: The Song of Life(日本語対応)』『Dandy Ace(日本語対応)』『Subverse』『It Takes Two(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Genesis Noir(日本語対応)』『Mech Mechanic Simulator(日本語対応)』『ぷよぷよテトリス 2(日本語対応)』『The Bus(日本語対応)』『The Tenants(日本語対応)』『バランワンダーワールド(日本語対応)』『Dorfromantik』『Paradise Lost(日本語対応)』『Overcooked! All You Can Eat(日本語対応)』『Spacebase Startopia』『Adeptus Titanicus: Dominus』『ラズベリーマッシュ(日本語対応)』『Black Legend(日本語対応)』『Barrage Fantasia(日本語対応)』『Kaze and the Wild Masks(日本語対応)』『Super Mecha Champions(日本語対応)』『Danger Scavenger』『真砂楼(日本語対応)』『For Sparta』『IWOCon 2021』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

Yakuza 6: The Song of Life(3月26日発売)

Yakuza 6: The Song of Life | Launch Trailer

桐生一馬伝説最終章となる本作は、「龍が如く」シリーズ6作目の喧嘩アクションRPG。『Yakuza Kiwami 2』と同じドラゴンエンジンを採用しており、藤原竜也/小栗旬/ビートたけしなど錚々たる面子が出演。シリーズ恒例となるミニゲームは猫カフェ経営や女の子とチャットを楽しむライブチャット、草野球に素潜り漁といった多彩なコンテンツが実装されています。

Subverse(3月27日発売)

Subverse – Early Access Launch Trailer

本作は、ハードコアなポルノアニメーションを手掛けるStudio FOW開発のSFアダルトRPG。見下ろし型の全方位シューティングパートとグリッド型のターン制ストラテジーパート2つの戦闘が用意されており、アダルティックな女性達と出会いながら変態なスペースストーリーを進めていく作品。圧倒的に下品な会話シーン然り、戦闘後のご褒美として体験できるプレイ内容はプレイヤーをムラムラさせてしまうかもしれません。

It Takes Two(3月26日発売)

It Takes Two Official Reveal Trailer

EA Originalsにあたる本作は、2人Coop専用のパズルアドベンチャー。プレイヤーは魔法を掛けられ人形になってしまった仲違いカップル”コーディとメイ”を操作し、各ステージに現れるギミックを突破しながら関係修復を目指します。一緒に協力しなければ前へ進めない『Unravel Two』や『A Way Out』好きにこそ遊んで欲しい一作です。

Dandy Ace(3月26日発売)

Dandy Ace – Official Trailer

本作は、マジシャンが魔法カードを駆使して戦う見下ろし型ローグライクアクション。オーソドックスな永続アップグレードシステムを搭載し、カードを組み合わせることでバラエティー富んだコンボが実現。組み合わせは驚異の1000通り以上を誇り、常に新しい体験を提供する高速アクションは本作ならでは。最終的にプレイヤーを鏡の中へ閉じ込めた碧眼の奇術師レレ撃破が目標となるでしょう。

ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー(3月27日発売)

ロードス島戦記―ディードリット・イン・ワンダーラビリンスーフルリリースPV

小説「ロードス島戦記」を原作とする本作は、『幻想郷萃夜祭』や『Touhou Luna Nights』開発元のドット絵メトロイドヴァニア。ヒロイン”ディードリット”が「ロードス島戦記 誓約の宝冠」に至るまでの空白物語を水野良氏自らが監修。原作ファンには堪らない要素は多々盛り込まれ、全6ステージの迷宮を装備及び精霊を入れ替えながら探索していきます。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました