ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第191回】CoopゾンビFPS『Back 4 Blood』TMORPG『Book of Travels』タワーディフェンスアクション『The Riftbreaker』他28作品

スポンサーリンク
ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。

今回で191回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週10月11日~10月17日までにリリースされた作品の中から『Book of Travels』『The Riftbreaker(日本語対応)』『アイドルマスター スターリットシーズン(日本語対応)』『Back 4 Blood(日本語対応)』『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『The Good Life(日本語対応)』『DUNGEON ENCOUNTERS(日本語対応)』『モナムール(日本語対応)』『Despot’s Game: Dystopian Army Builder(日本語対応)』『Monster Crown(日本語対応)』『Rebel Inc: Escalation(日本語対応)』『Growing Up』『Arcade Tycoon: Simulation(日本語対応)』『Settlement Survival』『ディープインサニティ アサイラム(日本語対応)』『ユウゴウパズル(日本語対応)』『A Little Golf Journey(日本語対応)』『ダンジョン・デスボール』『Critadel(日本語対応)』『Gladiator Guild Manager(日本語対応)』『Doctor Who: The Edge of Reality(日本語対応)』『Nira(日本語対応)』『Aeon Must Die!(日本語対応)』『InfraSpace』『ボク姫PROJECT(日本語対応)』『Junkyard Simulator』『Eronoctosis: Put Yourself Together』『Ninki Seiyuu: How to Make a Pop Voice Actress』『Ruin Raiders(日本語対応)』『Blast Brigade vs. the Evil Legion of Dr. Cread(日本語対応)』『House Flipper – Luxury DLC』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

The Riftbreaker(10月14日発売)

本作は『X-Morph: Defense』開発元の見下ろし型サバイバル・タワーディフェンスアクション。メカスーツを身に纏い精製所/発電所/研究施設など基地を建設し、大量に押し迫る敵対生物を排除していきます。プレイヤーは障壁や防衛塔をどう配置していくか、プロシージャル生成されるキャンペーンのリプレイ性は正に無限大。サバイバルの他、自在にカスタマイズ出来るサンドボックスモードもお試しあれ。

Book of Travels(10月12日発売)

本作は「Shelter」シリーズ開発元のお伽噺の世界を舞台にしたTMORPG。新ジャンルとして確立した”TMO”は小規模なMMOと呼ばれており、自分だけのキャラを作成してミッションやストーリーも存在しないロールプレイを満喫していきます。読み物に近いゲーム性を誇り、マルチプレイヤーながらプレイヤーに出会う事はとても稀。システムに道を示される事もない為、放浪好きにはまたとない作品になり得るかもしれません。

Back 4 Blood(10月13日発売)

本作は「Left 4 Dead」シリーズ制作陣が贈るステージクリア型ゾンビFPS。周回プレイやローグライト要素が強く、前作品とは別物と呼べる程ゲームシステムは変化。最大15枚のカードを組み合わせ、デッキ構築しながら自分好みのビルドを組み立てていきます。最大4人で挑む協力プレイの他、ゾンビと人間側に分かれ戦うPvPも搭載。2000円のおま値に加えて日本は規制版となっていますが、ファイルを弄ることで回避可能。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚(10月16日発売)

本作は『.hack//G.U. Last Recode』開発元の漫画「鬼滅の刃」をゲーム化した格闘アクション。ソロプレイモードは「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」まで収録したストーリーを追体験でき、バーサスモードではアニメ本編に登場する2キャラを自由に組み合わせた2vs2システムを採用しています。約2000円のおま値ながら、ドラゴンボールやナルト等のジャンプ作品としては初のおま国ではないタイトルです。

アイドルマスター スターリットシーズン(10月14日発売)

シリーズ15周年作品となる本作は、「アイドルマスター」シリーズ4ブランドが集結したアイドル育成シミュレーション。従来のビジュアル表現を一新した上に完全新作ストーリーで展開されるSteam初のアイマス。レッスンでは3つのミニゲームをこなし、オーディション/ライブ/フェスではお馴染みのリズム音ゲーでファンを獲得していきます。約2500円のおま値ながら、珍しく日本以外では販売されていない逆おま国です。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました