ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第177回】ドラマチックRPG『イースIX -Monstrum NOX-』飛行船アドベンチャー『Black Skylands』2DアクションRPG『斩妖行 Eastern Exorcist』他12作品

スポンサーリンク
ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。

今回で177回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週6月28日~7月11日までにリリースされた作品の中から『Doki Doki Literature Club Plus!(日本語対応)』『イースIX -Monstrum NOX-(日本語対応)』『斩妖行 Eastern Exorcist(日本語対応)』『Black Skylands』『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Boomerang X(日本語対応)』『Lona: Realm Of Colors』『Crash Drive 3(日本語対応)』『Swords of Legends Online』『ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド(日本語対応)』『Arid』『G-MODEアーカイブス17 フライハイトクラウディア3(日本語対応)』『Nemezis: Mysterious Journey III』『PROPHUNT』『Sniper Elite VR(日本語対応)』『Skullgirls: Season 1 Pass』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~(7月9日発売)

最大4人Coop対応の本作は、『モンスターハンターストーリーズ』続編となるアドベンチャーRPG。モンスターを狩りの対象ではなく、仲間として描いた世界観。リオレウスが姿を消した世界を舞台に、モンスターと絆を結び育て共存するライダーとなり「モンスターハンター」の世界を冒険していきます。前作キャラが登場するものの未プレイでも楽しめるように作られており、セーブデータを製品版へ引き継ぎ出来る体験版も用意されている為、興味ある人は一度触れてみると良いかもしれません。

Doki Doki Literature Club Plus!(7月1日発売)

本作は『Doki Doki Literature Club!』をHDリマスターした恋愛シミュレーション。友情と文芸を描いた6話のサイドストーリーを始め、新規CG/壁紙/未公開コンセプトスケッチなど収集可能な画像100点以上、13曲の新曲やゲーム内で流せるDDLCミュージックプレイヤー及びカスタムプレイリストを追加収録。オリジナル版から公式日本語対応も果たし、有料版に相応しいグレードアップとなっています。

Black Skylands(7月10日発売)

本作は、ロシア産の見下ろし型オープンワールド・アクションアドベンチャー。様々な島々が浮かぶ空島を舞台に、飛行船で探索しながら侵略されたモンスターから故郷を取り戻すため奮闘します。武器や船のカスタマイズは勿論、グラップリングフックを多用すれば移動のショートカットや敵を雲中へ放り込んだり、地上の銃撃戦と空中の砲撃戦が奥深くなります。母艦では牧場や農場に研究施設を拡張でき、領土拡大すると新たな資源が開放されます。

イースIX -Monstrum NOX-(7月7日発売)

本作は「イース」シリーズ9作目のドラマチックアクションRPG。2019年9月にリリースされたPS4版より移植され、仲間の能力を活かした特殊アクションを始めとした新要素の他、DualSenseや144Hz対応などビジュアル面の最適化を含むブラッシュアップがなされています。ウォールランや高所からの滑空などフィールド全体をバトルに活かせる三次元的移動は必見。

斩妖行 Eastern Exorcist(7月8日発売)

bilibiliがパブリッシャーを務める本作は、魑魅魍魎が跋扈する東洋を舞台とした中国産の横スクロールアクションRPG。プレイヤーは妖殺しとして旅立ち、邪悪な妖怪達に立ち向かいます。全編手描きの水墨画ビジュアルを売りにしており、カットシーンは演劇の一種”中国戯曲”を採用。スムーズなアクションを実現する為、フレーム単位の手描きアニメーションを取り入れることで戦術的な剣術を味わえます。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました