ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第153回】鍛冶屋経営アドベンチャー『砂の国の宮廷鍛冶屋』2D薬屋経営アクション『マジックポーション・ミリオネア』2DアクションMMO『GranAge』 他4作品

スポンサーリンク
ゲーミングニュース
この記事は約3分で読めます。

今回で153回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週12月28日~1月10日までにリリースされた作品の中から『マジックポーション・ミリオネア(日本語対応)』『Harvest Green(日本語対応)』『GranAge』『Endless Voyage / 无尽航线(日本語対応)』『砂の国の宮廷鍛冶屋(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Mixx Island: Remix(日本語対応)』『44 Minutes in Nightmare(日本語対応)』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

Endless Voyage / 无尽航线(1月8日発売)

本作は、中国産のデッキ構築型ローグライク・カードゲームRPG。『Slay the Spire』にインスパイアされた作品ながらカジュアルな『満月の夜』とは正反対の高難易度タイトルとなっており、ハイリスクハイリターンのレリックとリソース管理が特徴の一つ。ミニオン召喚を主軸に12種類以上のデッキテーマを絡めた戦略はシビアなゲーム性へ仕上がっています。

マジックポーション・ミリオネア(12月30日発売)

本作は「マジックポーション」シリーズ3作目となる2D経営アクション。ダンジョンで素材を集め、薬を作り売りしながら薬屋のリニューアルオープンを目指します。得たお金で装備及び能力強化出来る他、薬の資料や新たな開拓にも使用できます。同じくダンジョン攻略と経営要素を併せた『Moonlighter』等が好みであれば気に入るでしょう。

砂の国の宮廷鍛冶屋(1月7日発売)

マレニア国の冒険酒場 ~パティアと腹ペコの神~』開発元の本作は、鍛冶屋経営していく見下ろし型ターン制アドベンチャーJRPG。14種のジョブとパッシブスキル、戦闘へ影響を与える陣形でキャラをカスタマイズ。ダンジョン探索から得た素材で作成した武具は売っても良し、PTメンバーに装備し強化しても良しと、多彩な要素を取り入れた古き良きJRPGが味わえます。

GranAge(12月30日発売)

本作は、カード収集要素であるTCGをハイブリッドした2DアクションMMORPG。チェインアーツシステムによる爽快感あるコンボアクションや、戦闘に深みを持たせる暴走システム及びソウルシステムは本作ならでは。ビジュアル含め10年以上古く見える作品ですが、食わず嫌いせず遊んでみてると良いかもしれません。2DMMOに興味あれば『StarBreak』もオススメです。

Harvest Green(12月31日発売)

本作は『ムーンライトバスケット』や『海洋ホテル☆海猫亭』開発元の農家経営シミュレーション。プレイヤーは少女”ミンティ”となり、イシュワルドの街を舞台に農業へ勤しみます。作物の栽培がメインとなるので野菜や果物、彩り豊かな花々を育てられ、収穫物を売ることでさらなる作物を育てていけるでしょう。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました