【今週のSteamリリース】ファンタジーアドベンチャー『Ni no Kuni II: Revenant Kingdom』、ターン制ストラテジー『Exorder』、複合型バトロワ『Horizon Source(天际起源)』 他2作品

今回で15回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週3月19日~3月25日までにリリースされた作品の中から『Horizon Source(天际起源)』『Ni no Kuni II: Revenant Kingdom』『Exorder』『Spencer』『ASSAULT GUNNERS HD EDITION』をピックアップ!

 

Ni no Kuni II: Revenant Kingdom(3月24日発売)

 

前作『二ノ国 白き聖灰の女王』に続く「二ノ国」シリーズ最新作である本作は、スタジオジブリが制作協力しているJRPG。

ジブリが協力しているだけあって、キャラクターもどこかジブリっぽさがあり美しいファンタジーアドベンチャーが存分に描かれています。

Horizon Source(天际起源)(3月20日発売)

 

基本無料の本作は、『Overwatch』のキャラクター要素に『PUBG』のバトルロワイヤル要素、果ては『Fortnite』の建築要素をふんだんに盛り込んだ100人対戦バトルロワイヤル。

空から降ってくる補給物資は完全にルートボックス、自分自身が隠れ蓑と化すBush、その他にも権利的に危ないものが色々とあり、F2Pゲーとして楽しむ程度には遊べるかも。

Exorder(3月20日発売)

 

本作は、カジュアルだけど何処か奥深いアニメ調のターン制ストラテジー。各ユニットには様々な特徴があり、それらを駆使してステージ中に存在する敵ユニットを殲滅していくのが目的となります。

ASSAULT GUNNERS HD EDITION(3月21日発売)

 

本作は、PlayStation Vitaで発売された『アサルトガンナーズ』のHDリマスター作品。無双シリーズのように敵が大量に沸くのを撃墜していきながら、強大なボスに挑んでいきます。

自身の機体は自分好みにカスタマイズ可能、最大4機の部隊編成でミッションに赴くことができ、スコアアタックモードなどやり込み要素も存在します。

Spencer(3月24日発売)

 

制作者には悪いですが、どこか低品質だけど癖のある横スクロールアクション。独特な見た目に反して若干のテクニカルプレイが要求されるトレーラーに思わず笑いました。