【今週のSteamリリース 第64回】裁判官ストラテジー『We. The Revolution』、無双アクション『Fate/EXTELLA LINK』、戦国アクション『Sekiro: Shadows Die Twice』 他8作品

今回で64回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週3月18日~3月24日までにリリースされた作品の中から『We. The Revolution』『Sekiro: Shadows Die Twice』『Astrox Imperium』『Fate/EXTELLA LINK』『TOKYO CHRONOS』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Night Crisis』『Hunger Apartment (蚀狱)(日本語対応)』『Unending Dusk』『Shmup Moments(日本語対応)』『夢物語ORIGIN(日本語対応)』『Creatures Inc』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

 

Fate/EXTELLA LINK(3月20日発売)

本作は、「Fate/EXTRA」シリーズ4作目且つ『Fate/EXTELLA』の続編となる無双アクション。「Fate」シリーズのサーヴァントが作品枠を越えて参戦しており、前作に比べて10騎のサーヴァントが更に参戦しています。音声字幕共に日本語にも対応し、マルチプレイでは4vs4のオンライン対戦が可能となっています。

 

We. The Revolution(3月21日発売)

本作はフランス革命時代を舞台とした裁判官ストラテジー。プレイヤーは法廷上で人の生死を決めるだけでなく、選択肢によっては革命の先行きにも影響を及ぼします。プレイ中、時には我が子を自らの手で裁かなくてはいけない時もあるかもしれません。

 

TOKYO CHRONOS(3月20日発売)

本作は、360度広がる空間に描かれるVRミステリーアドベンチャー。幼馴染の高校生8人が目の前で繰り広げる会話、プレイヤーの選ぶ決断によって物語は変化し、それら選択によって様々なルート及び結末が待ち構えています。普通のビジュアルノベルでは味わえない、VRを活かした没入感やゲーム作りには関心さえしてしまいます。

 

Sekiro: Shadows Die Twice(3月22日発売)

本作は、右手の刀と左手の義手忍具を駆使して侍に復讐を果たす戦国アクション・アドベンチャー。フロム作品特有の難易度の高さとソウルライクとは一味違った緊張感、自身が死亡すると一定確率でNPCが咳き込んで特定のセリフが喋られなくなるなど、折れない心と己の力のみがものを言う作品です。パリィの気持ち良さにはあなたもハマるはず。

 

Astrox Imperium(3月23日発売)

本作は『Homeworld』や『EVE』にインスパイアされたオープンワールドなアドベンチャーRPG。『X4: Foundations』と同じくシングルプレイヤー向けの宇宙サンドボックスとなっており、経済や派閥、ストーリーと言った宇宙ゲーを楽しむ上では欠かせない要素が盛り込まれています。