【今週のSteamリリース】アクションRPG『Chasm』、サバイバルオープンワールド『Rend』、クリエイティブレーシング『Lightfield HYPER Edition』 他2作品

今回で32回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週7月30日~8月5日までにリリースされた作品の中から『Rend』『Yakuza 0』『Regular Human Basketball』『Chasm』『Lightfield HYPER Edition』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『The Rabbit and The Owl』『CASE 2: Animatronics Survival』『Fractured Lands』『Vカツ / V-Katsu』『Hellblade: Senua’s Sacrifice VR Edition』『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

 

Yakuza 0(8月1日発売)

本作は、PS4にて2作目にリリースされた『龍が如く0 誓いの場所』のPC版。シリーズ通して9作目にあたる作品です。物語としては初代『龍が如く』の前日譚という位置づけで描かれており、その初代をフルリメイクした『Yakuza Kiwami(龍が如く 極)』も今後リリースされる予定です。

 

Rend(8月1日発売)

本作はRTA要素を取り込んだ三つ巴PvPvEサバイバルオープンワールド。プレイヤーは好きなサーバーに参加し、いずれか3つの陣営に所属。そこから他作品同様にサバイバルしながらどこが先にゲーム内目標を全てクリアし、サーバー内の勝者になれるかを競う一風変わったものになっています。

ファンタジーな世界でスキルや建築も存在し、『ARK: Survival Evolved』『Dark and light』『Conan Exiles』の御三家に並ぶ新たなサバイバルオープンワールドゲーになるかもしれません。

 

Chasm(7月31日発売)

本作は美しいドット絵が特徴的なアクションRPG。ゲーム性はメトロイドヴァニアスタイルを通しており、最初からゲームを開始するとマップがプロシージャル生成される特徴も持っています。なお、1周クリアするのに約10~15時間ほどでクリアできるようです。

 

Lightfield HYPER Edition(8月1日発売)

本作は探索型のクリエイティブ・レーシング。壁や天井・摩天楼・反重力宇宙船、ステージ上に存在する様々な物を駆使して自分の思うがままに走ることができます。近未来的コースにエレクトロサウンド、誰一人同じコースを走ることがないのも魅力の1つです。

 

Regular Human Basketball(8月2日発売)

本作は、ロボットに乗り込み機内のボタンを押して操作する1on1バスケットボール。ボールを掴み移動し投げるという動作を、機内に複数設置されたボタンを使って忙しなく移動して戦っていきます。

ゲーム性はどことなく『Lovers in a Dangerous Spacetime』に似ており、最大5vs5の1on1では一人で操作する時よりも機敏で激しい戦いが楽しめそうです。