ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第229回】猫パルクールアドベンチャー『Stray』非対称型対戦アクション『オバケイドロ!』VRローグライトFPS『COMPOUND』他19作品

ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回で229回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週7月18日~7月24日までにリリースされた作品の中から『信長の野望・新生(日本語対応)』『Realms of Magic』『COMPOUND』『オバケイドロ!(日本語対応)』『Stray(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『As Dusk Falls(日本語対応)』『Capcom Arcade 2nd Stadium(日本語対応)』『ハッピーダンガンロンパS 超高校級の南国サイコロ合宿(日本語対応)』『くにおくんの三国志だよ 全員集合!(日本語対応)』『Video Horror Society』『Endling – Extinction is Forever(日本語対応)』『Ex-Zodiac(日本語対応)』『Hell Pie(日本語対応)』『Shapebreaker – Tower Defense Deckbuilder』『BURST WITCH』『ライクドリーマー(日本語対応)』『Hazel Sky(日本語対応)』『Muv-Luv Alternative Total Eclipse Remastered(日本語対応)』『Kritika Global(日本語対応)』『Baldur’s Gate: Dark Alliance II』『食用系少女 – マドカのドリンクスタンド(日本語対応)』『Golf Pool VR』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

信長の野望・新生(7月21日発売)

シブサワ・コウ40周年記念作品となる本作は、「信長の野望」シリーズ16作目の歴史シミュレーション。シリーズ最多2200人以上の武将が登場する他、他国から勝ち取った土地を家臣に与える”知行”システムを新たに採用。大軍小軍それぞれ戦える大道や小道など進軍ルートさえも駆け引きの材料となり、AI武将が勝手に出撃したり具申してくるため初心者から上級者まで幅広い楽しみ方が出来ます。

Stray(7月20日発売)

本作は一匹の野良猫となり、忘れ去られたサイバーシティから脱出を図るSFアドベンチャー。ネオン街や不気味な路地裏を猫目線からなる三人称視点で描いており、猫の特性を活かした爪研ぎやルート開拓も楽しいパルクールが魅力の一つです。思わず犬好きが転じてしまう可愛さは勿論、猫になりたい人や猫好きには堪らない珠玉の一作。

オバケイドロ!(7月21日発売)

本作は、人間3人とオバケ1人に分かれてケイドロを行う非対称型対戦アクション。ニンテンドースイッチ版リリースから3年を経てSteamに登場。『Dead by Daylight』のような非対称マルチとは異なり、オバケならではの壁抜けや何度捕まっても助け合えるカジュアルさが売り。オバケを気絶させて味方を助けたり、人間に対してスキルを使い一発逆転を狙えるなど、各キャラの特性を活かした奥深い戦略性も加味しています。

Realms of Magic(7月21日発売)

本作は、オープンワールドながら物語を重要視している2DアクションRPG。『Terraria』等をよりRPGに特化させたゲーム性を有しており、クラフト及び建築に励みながらストーリーとクエスト攻略を目標としていきます。木こり、料理人、建築家、錬金術師といった16種類の職業に、独立した7つのスキルツリーとカスタマイズ可能な9つの種族が搭載されており、何百種類あるアイテムに多彩な呪文を取得する事も可能です。

COMPOUND(7月20日発売)

本作は、オールドスクールな世界を間近で体感出来るVR向けローグライト・レトロFPS。他のVRFPSで基本となるウェーブ式を脱却し、通常のFPSと同じシームレスなゲームプレイを可能としています。攻撃を回避するダッキングや銃の2丁持ちを始め、普通のゲームでは中々見られないブラインドショットも実現。3D酔いが起きやすい人へ向けた移動オプションもある為、高難易度ながらVR初心者でも楽しめるデザインとなっています。

EPOS SENNHEISER GSP 600 密閉型ゲーミングヘッドセット【国内正規品】
Oculus Quest 2 128GBオールインワンVRヘッドセット

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました