ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第149回】リアル志向フライト『Project Wingman』ロマンスRPG『Haven』ラヴクラフトアクション『Morbid: The Seven Acolytes』 18作品

スポンサーリンク
ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。

今回で149回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週11月30日~12月6日までにリリースされた作品の中から『Haven(日本語対応)』『Project Wingman(日本語対応)』『Morbid: The Seven Acolytes(日本語対応)』『不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス(日本語対応)』『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Tinkertown』『Empire of Sin(日本語対応)』『Phoenix Point: Year One Edition』『Chronos: Before the Ashes(日本語対応)』『John Wick Hex』『PHOGS!(日本語対応)』『Per Aspera(日本語対応)』『El Hijo – A Wild West Tale(日本語対応)』『Wing of Misadventure』『Ponpu(日本語対応)』『Tanuki Sunset』『Worms Rumble(日本語対応)』『Forge and Fight!(日本語対応)』『WATCH / 透视』『Nickelodeon Kart Racers 2: Grand Prix』『Red Dead Online(日本語対応)』『Minion Masters – Uprising DLC』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(12月5日発売)

『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて S』プロモーション映像

本作は「ドラゴンクエスト」シリーズ11作目となる正統派アドベンチャーRPG。PS4版ではなくニンテンドースイッチ版の移植となっており、3Dグラフィック及び2Dドット絵を切り替えて遊ぶことが可能。歯応えが欲しければオプションより好みの縛りプレイを有効化でき、新規古参問わず幅広い層へ向けて作り込まれています。

Haven(12月3日発売)

Haven – Launch Trailer

本作は『Furi』開発元のロマンス・アドベンチャーRPG。二人の恋人”ケイ”と”コウ”が見捨てられた惑星へ逃避行した恋物語を描いた作品。何気ない日常愛を主軸へ置きながら惑星の謎を解き明かしていきます。二人ローカルCoopにも対応しており、実際にカップルで協力プレイすれば愛が二人を成長させること間違いなし。

Morbid: The Seven Acolytes(12月3日発売)

Morbid: The Seven Acolytes – Launch Trailer

本作は『Zombie Kill of the Week – Reborn』開発元のソウルライクなホラーアクションRPG。プレイヤーは邪神に使える家臣7人を倒すべく、自身に合った武器とパークレベリングシステムを用いて悪を断ちます。怪神や架空神話で知られるラヴクラフト、「ソウル」シリーズ及び『Salt And Sanctuary』等から触発され、他作品よりも頭一つ抜けているであろう強烈なゴア表現が持ち味。

不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス(12月3日発売)

Switch/PC『不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス』紹介トレーラー

本作は「風来のシレン」本編シリーズ5作目にあたる超高難易度なダンジョンRPG。時系列は『シレンGB2』と『シレン3』の間の話となっており、PSVitaにてリリースされた改良版『シレン5 plus』へ更に多数の新ダンジョンを追加した完全版。新機能としてBGM図鑑や、初心者向けのライブ探索表示等が搭載されています。

Project Wingman(12月2日発売)

Project Wingman | Launch

本作は「エースコンバット」シリーズから強い影響を受けたリアル志向フライトアクション。現実とは異なる荒廃した地球が舞台となり、『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』とはまた違うリアルな空戦を描いてます。大規模な地上軍攻略戦や目まぐるしく展開されるドッグファイトといった”本物”を追求し、UE4による美麗グラフィックへ加えてVRにも対応済みです。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました