【Steam指南的ガイド】その1-Steamクライアントの導入・アカウント作成及びゲームの購入方法-

 

2018年8月14日:クライアント導入とアカウント作成方法を統合しました。

 

今回はSteamクライアントの導入・アカウント作成及びゲームの購入方法の説明をしていきます。

Steam以外にも様々なクライアント・海外販売サイトがあるので、もし興味ある人は以下の記事らを参考にしてみて下さい。

アカウント作成方法

・まずは「Steam」にアクセスし、右上の「ログイン」を選択。右側に表示されている「Steamに登録」をクリックして登録するメールアドレスを入力して下さい。

もしSteamで使用するパスワードを忘れた場合は、ここの左下に書かれてる「パスワードを忘れました」からリセットして新しいパスワードを再設定することができるので、頭の片隅にでも覚えておくと良いでしょう。

 

・登録したメールアドレス宛にメールが届くので、URLをクリックすれば登録完了です。ただこれだけじゃ情報不足なので、ログインして更に情報を加えていきます。

(Steamログイン・フレンド間のトレード承認・Steamマーケットに出品時の承認などの際は、iOS/Android向けモバイルアプリである「Steamモバイル(iOS)」が必須になるので絶対に導入して下さい。)

 

・さきと同じように右上から「ログイン」を選択。ログイン時に「Steamガードモバイル認証」が求められるので、Steamモバイルの「Steamガード」に表示されている5桁の自動生成コードをここへ入力して下さい。

 

・ログインできたら、左上のアカウント名をクリックして「アカウント詳細」を選択。ここの「個人設定」のタブから携帯の電話番号を追加したり、支払い方法の変更、有効化したSteamゲーム一覧などが確認できます。

これで大方の登録は以上です。電話番号追加が上手くいかない時は以下の記事が参考になるかもしれません。

 

Steamクライアント導入

・再度Steam上部から「Steamをインストール」を選択。ここからクライアントをインストールできるので、起動ファイルをダウンロードしてから手順に従ってインストールしてあげて下さい。

 

・インストールが完了したら、左上の「Steam」から「設定」を選び、「インターフェイス」タブから以下のようにチェックを入れておくとSteamクライアントがより使いやすくなります。

他にも「ゲーム中」タブからSteamオーバーレイを有効化したり、「ダウンロード」タブのダウンロード地域を台湾に変えておくなどしとくのもオススメです。Steamスキンについては以下の記事を参照下さい。

 

ゲームの購入方法

Steamクライアントを導入できれば、後は全てクライアント内で処理したりゲーム購入することを推奨します。

 

・お好きなゲームをストアより検索又は探し出し、「カートに入れる」をクリック。

いくつか種類がある時は、基本スタンダードや今回のように何も書かれていない通常版で大丈夫です。中には、小さく「2 Copy(1つ購入したらもう一つギフトで付いてくる)」や「DeluxeEdition(サウンドトラック・アートブックなど)」と書かれている場合もあります。

たまに「4Pack」等のギフト向けの4つ入りがあるので、それはギフト用途以外では購入不要です。

 

・カートにゲームが入ったら、ギフトか自分用か選択して下さい。ギフトを選ぶと購入後に自分のSteamインベントリーにゲームが追加され、メールアドレス又はSteamフレンド内から所持してない人にギフトすることができます。

またギフトは自分で購入してもインベントリーから後で有効化可能です。海外販売サイトで購入したギフトを自分に有効化する事もできます。

・次に決済方法を選択しますが基本はPaypalで良いでしょう。他にもSteamプリペイドカードやNanacoギフト、コンビニ払い・WebMoney・BitCashなど状況に応じて使い分けることもできます。

因みにVプリカはVisaの部類に入り、VプリカやPaypalで購入する際は以下の記事を参照下さい。

・選択後は別ブラウザに飛ばされるので、そこで支払い先を確定させれば最終確認画面に戻ります。

もしかするとこの画面の後、又は支払い前に住所を登録しなければいけないので、もし表示された場合は忘れず登録しておいて下さい。

以下画像ではSteamウォレットを使用していますが、もし使いたくない場合は「編集」からもう一度Paypalを選ぶと全額Paypal払いとなります。

 

・「ご購入ありがとうございました」と表示されれば購入完了です。

これは個々の設定で変更できますが、購入後はSteamアクティビティに同時投稿され、購入したことがフレンドに情報として流れるのでSteamフレンドを増やしてアクティビティ閲覧を楽しむのもアリです。

 

・仮に外部からSteamキーを有効化したい時は、左上の「ゲーム」から「steamでアイテムを有効化」を選択することでSteamキーをライブラリに追加出来ます。

 

これでゲーム購入など、一通りの説明は以上です。特に難しいことも無く面倒も無いので、今後もSteamを活用してみて下さい。何かあればコメントお願いします。

アンケート実施中!!

ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。

こちらのリンク又は下記アンケートより回答できます。