【Minecraft】どの美しさも捨てがたい「オススメのシェーダーパック」10選【1.8以降全Ver対応】

今回は『Minecraft(マイクラ)』で、影Modと呼ばれる所謂「シェーダーパック」を10種類厳選して紹介していきます。

 

紹介していく前に、シェーダーパックを導入するには機能拡張及び軽量化Modである「Optifine」の導入が必須となっており、導入することで「Shader Packs」フォルダが生成され、そこにシェーダーパックを入れていく形になります。

それとVer1.8以降でないとOptifineにシェーダーパック機能は対応していないので要注意です。

Modの導入方法に関しては以下の記事を参照下さい。

導入する前に

シェーダーパックを導入する前にいくつか設定しておく必要があり、Optifineを導入できたらゲーム内オプションにて、

品質の設定欄の「異方性フィルタリング」「アンチエイリアス」「自然なテクスチャ」をそれぞれオフ

細部の設定欄の「」をオフ。演出の設定欄の「描画の最適化」をオフ

シェーダーの詳細設定欄の「古い照明効果」「古い手持ち光源」をゲーム内にてオフにしておきましょう。

シェーダーパック一覧

スクリーンショット撮影時のマイクラのVerは基本「1.10.2」としています。

Sonic Ether’s Unbelievable Shaders(SEUS)

影Modと言えばこれ!と言われるぐらい有名なシェーダーパック。他と比べて重いですが、美しさで言えば随一。

若干ライトがきつく、全体的にゲーム画面が光で白掛かったり、太陽に目を向けると眩しかったりします。ただ光源処理や陰影、空は群を抜いてリアルを追求して圧巻です。

今回使用しているのは、通常の「SEUS v1.x.x」シリーズではなく、新たな技術を元に作られリニューアルされた「SEUS Renewed 1.0.0」になります。

CaptTatsu’s BSL Shaders

どことなくファンタジーチックなシェーダーパック。CaptTatsu氏による高度なカスタマイズがされていて、全体的に癖が無く軽いです。

ナチュラルに写って、目に優しい色合いをしており、そこまでリアルを追求しない方にはオススメです。

今回使用したものは、「v7.0 preview 1」になります。

Chocapic13’s Shaders

レンズフレアと陰影処理だけが施されたシェーダーパック。「SEUS」をぼかしがかたっような感じに処理されており、低スぺックPCでもかなり軽いです。

陰影がはっきりしていて水にもリアルな透明感がありつつ、空(雲)にはあまり力が入っていないようです。

今回使用したのは、「V6 High」です。

KUDA-Shaders

体感一番軽かったシェーダーパック。太陽が他よりも高く遠い位置に配置されているせいか、目疲れしないレンズフレアと光源処理。

バニラテイストで、「CaptTatsu’s BSL Shaders」よりも現実的。水が透明感があるというよりかは海のように青深いです。

今回使用したのは、「v6.1 Legacy」になります。

MrMeepz’ Shaders

「Chocapic13’s shaders」がベースになっているシェーダーパック。

一通りの処理は施されているものの、なるべくシンプルに表現されているのでレトロチックになっています。

それ故に陰影だったり空などは他と比べて詳細に描かれていません。今回使用したのは、「v05 Ultra」です。

Robobo1221’s Shader

ふんわりとした色合いのシェーダーパック。全体的に白がかっているような感じで、レンズフレアも眩しくなく温かみがあります。

特に、リアルではないけど綺麗な水が特徴的で、水中がなかなか美しいです。

今回使用したのは、「v71-high」です。

Sushi Shader

こちらも「Chocapic13’s shaders」をベースにしたシェーダーパック。先ほどとは違ってレンズフレアは控えめでリアル志向です。

水が独特な透明感を持っていて綺麗ですが、水中が少し汚く感じ、本家より陰影が強めです。

今回使用したのは、「Sushi Shader V2」です。

Continuum Shaders

「SEUS」と並ぶ圧倒的美しさを表現しているシェーダーパック。個人的に今回紹介した中で一番気に入ってますが「SEUS」と同じく重く感じるかも。

制作者がテクスチャの有料販売やVulkan APIを使用した最新のレンダリングエンジンをも制作しているので、シェーダーパックのクオリティーもかなり高いです。

雲は手を伸ばせば届きそうで、水面反射や水中の表現は一番です。

今回使用したのは、「Continuum-1.3-Low-Ultra」のHightになります。(ゲーム内のシェーダーオプションでlowやhightを変えられます。)

CYBOXshaders

どんな時間帯や天候も明るいシェーダーパック。このシェーダーパックを一言で表すと「明るく元気!」って感じです。

多少レンズフレアが眩しいものの、木漏れ日の表現だったり隙間光に関しては頭一つ抜けてます。

ただ、水中含め水が「KUDA-Shaders」よりも深い表現をしている印象です。

今回使用したのは、「CYBOXSHADERS V4」です。

Waving Plants Shaders

光源処理を行わずに、草木のみを揺らすシェーダーパック。

Mod入れまくって他のシェーダーパックが入らないけど、草木だけを揺らしたり光源処理を施したくない方には良いかもしれません。

今回使用したのは、「 Waving Plants V3.5」です。

 

これでオススメのシェーダーパック10選は以上になります。

他にも色々とありますが、今回紹介したものと比べてみるとどうしても同じように見えてしまってあまり紹介する気にはなれなかったです・・・。

何かあればコメントお願いします。

Matched Contentこちらの記事もオススメ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です