ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。
スポンサーリンク

【今週のSteamリリース 第114回】修繕パズルアドベンチャー『Assemble with Care』、デッキ構築型弾幕アクション『One Step From Eden』、アニメ調ストラテジーRPG『Grand Guilds』 他16作品

ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。

今回で114回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週3月23日~3月29日までにリリースされた作品の中から『Grand Guilds』『Assemble with Care(日本語対応)』『Iron Danger(日本語対応)』『遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション(日本語対応)』『One Step From Eden(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Half-Life: Alyx(日本語対応)』『Bright Memory(日本語対応)』『英雄伝説 閃の軌跡III(日本語対応)』『Gordian Quest』『Last Oasis(日本語対応)』『Shieldwall』『LunarLux Chapter 1』『Biped(日本語対応)』『Wanba Warriors(日本語対応)』『For The Warp』『Bleeding Edge(日本語対応)』『Total Lockdown(日本語対応)』『Grand Theft Auto IV: The Complete Edition(日本語対応)』『ZomDay』『Two Point Hospital: Off the Grid』『Cities: Skylines – Sunset Harbor』『Cities: Skylines – Content Creator Pack: Modern Japan』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

Iron Danger(3月26日発売)

Iron Danger – Out Now!

本作は時間を操作し、未来を変える見下ろし型のタクティカルRPG。時を戻すことで死や奇襲を回避でき、戦闘中は5秒まで巻き戻すことが可能。仲間やスキルを駆使してターン制とリアルタイムを使い分けた戦闘は本作ならではの魅力です。

Assemble with Care(3月27日発売)

Assemble With Care Trailer – Steam and PC

本作は『Monument Valley』開発元の修繕パズルアドベンチャー。『Sayonara Wild Hearts』に続いて2作目のApple Arcadeタイトルとなっており、アンティーク修理屋”マリア”として世界を旅します。壊れているのは「物」だけじゃないということをパズルを通して物語を紡いでいきます。

遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション(3月24日発売)

【公式PV】遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション

本作は、元はおま国であった『Yu-Gi-Oh! Legacy of the Duelist』のバージョンアップ版とした正統派TCG。1万種以上のカードに「遊☆戯☆王VRAINS」を含む6作品まで対応済み。F2Pタイトル『Yu-Gi-Oh! Duel Links』とは別に「タッグフォース」シリーズのような本来の遊戯王を基礎としており、現実の環境等を参考に類似したデッキを作り楽しめるようになっています。

One Step From Eden(3月26日発売)

One Step From Eden – Release Trailer (PC and Switch)

本作は『ロックマンエグゼ』にインスパイアされた高難易度なデッキ構築型の2D弾幕アクション。プレイヤーは4×4のフィールドを舞台に、特性が異なる9人のプレイアブルキャラとカード及びアーティファクトを使いこなし、自分だけの戦闘スタイルでハイスピードバトルを繰り広げていきます。更には1vs1のオンライン対戦やワークショップにも対応しています。

Grand Guilds(3月27日発売)

Grand Guilds – Official Release Date Trailer

本作は、カードバトル要素を織り交ぜたスペイン産ターン制ストラテジーRPG。タンクやサポートなど最大9人PTを編成可能とし、アニメ調のビジュアルを活かした演出や会話シーン、物語展開などJRPG仕立てなゲームデザインは日本人だからこそ注目の作品になっています。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました