ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第170回】2Dコメディーシューティング『HUNTDOWN』非暴力的街作りシム『Before We Leave』PvPvEアクション『Hood: Outlaws & Legends』他11作品

スポンサーリンク
ゲーミングニュース
この記事は約3分で読めます。

今回で170回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週5月10日~5月16日までにリリースされた作品の中から『Hood: Outlaws & Legends(日本語対応)』『Before We Leave』『HUNTDOWN(日本語対応)』『Mass Effect Legendary Edition(日本語対応)』『GetsuFumaDen: Undying Moon(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Subnautica: Below Zero(日本語対応)』『Hundred Days – Winemaking Simulator(日本語対応)』『Lost Ruins(日本語対応)』『ベースワン(日本語対応)』『Monogon: Echoes(日本語対応)』『The Hand of Merlin』『もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界エロ魔法学園!(日本語対応)』『異世界酒場のセクステット ~Vol.3 Postlude Days~(日本語対応)』『Jin Conception』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

GetsuFumaDen: Undying Moon(5月14日発売)

本作は、ハクスラに浮世絵デザインを融合させた2D剣戟ローグライト・アクション。1987年ファミリーコンピューターにてリリースされた『月風魔伝』をベースとしており、武器種毎に異なる特殊ムーブや強化及び能力解放による多彩なビルド構築が可能です。アニメーション含むアクションが作り込まれているのは勿論、揺れ動く背景にも要注目。

Before We Leave(5月14日発売)

本作は、文明の再発見と再建に勤しんでいく非暴力的な街作りシミュレーション。1年間のEpic時限独占を経てSteamへ登場。同ジャンル中では貴重な街作りのみに特化しており、研究ツリーを開放しながらヘクス状タイルに街を発展させていきます。最終的に大小異なる士島々に6種類のバイオームからなる惑星間貿易を経た宇宙文明の築き上げが目的となるでしょう。

Mass Effect Legendary Edition(5月15日発売)

本作は「Mass Effect」シリーズ3部作を一つに纏めたSFアクションRPG。キャンペーン全編と40以上のDLCを完全収録し、それら全てを最適化及び4Kリマスター。残念ながら1作目DLC「Pinnacle Station」のみ未収録ですが、Steamでは『Mass Effect: Andromeda』含む『Mass Effect 3』以外がおま国で購入出来ないため嬉しい人は多いかもしれません。

HUNTDOWN(5月13日発売)

最大2人ローカルCoop対応の本作は、サイバーパンクコメディーな横スクロールシューティング。1年間のEpic時限独占を経てSteamへ登場。戦い方が異なる賞金稼ぎ3人を用いて20ステージ以上と4つのギャングを解体していきます。80年代を意識した音楽やピクセルアート、手描きアニメーションは必見です。

Hood: Outlaws & Legends(5月11日発売)

本作は『Snake Pass』や『Team Sonic Racing』開発元のPvPvEステルス・アクションTPS。4vs4に分かれ相手チームやAIの衛兵を出し抜き、城内の宝物庫から財宝回収を目指します。敵に鍵を盗られても最終的に財宝を回収した方が勝利となるので最後までどうなるか分からないのが醍醐味。4つのクラスそれぞれ使用可能なパーク及び武器も違う為、味方同士で連携することが勝利への近道となるでしょう。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました