【今週のSteamリリース】極寒サバイバル『Fade to Silence』、宇宙ステーション建設シム『Stationeers』、神話アドベンチャー『OKAMI HD / 大神 絶景版』 他2作品

今回から始まった「今週のSteamリリース」は、その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものになります。

Steamのウィッシュリストが3000を超えそうなせいで、何が本当に欲しいのか分からなくなる自分の為でもあったりします。

今週12月11日~12月17日までにリリースされた作品の中から『Fade to Silence』『Zup! 7』『They Are Billions』『Stationeers』『OKAMI HD / 大神 絶景版』をピックアップ。

 

They Are Billions(12月13日発売)

 

RTSとタワーディフェンスが見事に融合した本作は、スチームパンクな世界を舞台に数億と迫るゾンビをひたすらに蹴散らしていく作品。

ただタワーディフェンスしていくだけでなく基地を建設し、街を作り様々なユニットを作成していく要素もあるので、ただタワーディフェンスするのには飽き飽きしていた、中毒性の高いゲームを求めていた人には持ってこいです。

Zup! 7(12月13日発売)

 

シリーズ7作目となる『Zup! 7』。簡単に言えばカジュアルパズルですが、本作というかシリーズ通して醍醐味と言ったら、プレイしているだけでどんどん大量の実績が解除されていくこと。

止まらない実績解除の嵐に思わず笑ってしまうでしょう。一作一作短いながらワンコイン以下なのも手が出しやすい要因です。

Fade to Silence(12月15日発売)

 

本作は、白銀の世界で飢えやモンスターと戦いながら生き抜いていく極寒サバイバル。ゲームプレイ映像を見て分かるように、オオカミを利用した犬ぞりやNPCとの共闘、モンスターから身を護ったり装備を充実させる為のビルディングシステムがあります。

要所要所ながら日本語にも対応しており、2018年にはPS4やXboxOne等でも発売する予定があるようです。

OKAMI HD / 大神 絶景版(12月13日発売)

 

PS2やWii、DSを経てHDリマスターとしてリリースされたのが本作。ナカツクニを舞台とした感動活劇が美麗に描かれ、大神アマテラスとなって魅力的な登場人物たちとの心あたたまる物語に心震わせ、美しい大自然を駆けることになります。

ロード中のミニゲームも復活し、1月5日までにSteam版を購入すれば、期間限定購入特典も手に入ります。

Stationeers(12月13日発売)

 

本作は、宇宙ステーションを建設することに特化したサンドボックス型のシミュレーション。宇宙ステーション建設の際には、可愛く分かりやすいデザインながら事細かく制作・設定が可能となっています。

特化と言いつつ、小惑星の開拓に食料や大気などのサバイバル要素も存在し、複数人でのマルチプレイにも対応しています。