ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第226回】ローグライトアクション『リトル ノア 楽園の後継者』2.5D格闘アクション『DNF Duel』リアル志向レース『F1 22』他8作品

ゲーミングニュース
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回で226回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週6月27日~7月3日までにリリースされた作品の中から『リトル ノア 楽園の後継者(日本語対応)』『『F1 22(日本語対応)』『魔界戦記ディスガイア6(日本語対応)』『PAC-MAN MUSEUM+(日本語対応)』『DNF Duel(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『The Lord of the Parties(日本語対応)』『Mercenaries Rebirth: Call of the Wild Lynx(日本語対応)』『Hook 2ギャラクシーテイルズ:ストーリー・オブ・ラプンツェル(日本語対応)』『MX vs ATV Legends(日本語対応)』『Alaloth: Champions of The Four Kingdoms』『OUTRIDERS WORLDSLAYER UPGRADE』『Monster Hunter Rise: Sunbreak』『theHunter: Call of the Wild™ – Revontuli Coast』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

魔界戦記ディスガイア6(6月29日発売)

本作は、「ディスガイア」シリーズ6作目となる史上最凶シミュレーションRPG。異世界転生×ゾンビ×無限育成をテーマにしており、リリースから1年半を経てSteamに登場。最大ダメージ9999京や最大所持金9999兆、キャラの最大レベルは99999999まで育成出来るなど、シリーズ恒例のぶっ飛び具合は今作でも健在。歴代キャラが仲間になる追加コンテンツも本編に同梱済みです。

PAC-MAN MUSEUM+(6月28日発売)

本作は、『パックマン』の名作14タイトルを1つにまとめたアーケードコレクション。Steamで単体発売されている『PAC-MAN 256』と『ARCADE GAME SERIES: PAC-MAN』が含まれており、複数人でローカルCoop可能な5タイトルも収録しています。ゲームセンターを自分好みにカスタマイズ出来る要素もある為、簡単なハウジングが楽しめるでしょう。

リトル ノア 楽園の後継者(6月28日発売)

本作は、Cygamesとワールズエンドクラブ』開発元の2Dローグライトアクション。モバイルで人気を博した対人RTSリトルノア』の前日譚となっており、今作では対戦主体のゲームからソロ向けのストーリーゲームへ進化しています。中でも40種類以上存在するアストラルの出撃順を入れ替えてオリジナルコンボを編み出せるのは最大の魅力。アクセサリの開放や必殺技の追加及び変更もでき、幅広い成長システムが備わっています。

DNF Duel(6月28日発売)

KILL la KILL -IF』や「GUILTY GEAR」シリーズ開発元の本作は、『アラド戦記』を格ゲーとして再解釈した2.5D格闘アクション。17年続く『アラド戦記』の世界観とキャラの魅力を凝縮した作品となっており、16キャラ個々の強みを活かす戦闘メカニズムを特徴としています。オンライン対戦は勿論、ストーリーモードやリプレイ機能など、細かな部分まで作り込まれています。

F1 22(7月1日発売)

Formula 1公式の本作は、「F1」シリーズ19作目のリアル志向レースゲー。初心者に配慮した適応型AIの導入を始め、没入感を重視したピットストップとフォーメーションラップが今作の醍醐味。人気のキャリアモードとマイチームの他、10チーム20人のドライバーや一部Formula 2も収録。最大20人対戦や画面分割の2人対戦にModにも対応。レイトレーシングとVRを利用すれば本物のレースが味わえます。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました