ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第246回】2.5Dアドベンチャー『Somerville』オープンワールドTPS『171』街作りシム『東方:平野孤鴻』他20作品

ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回で246回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週11月14日~11月20日までにリリースされた作品の中から『GOODBYE WORLD(日本語対応)』『171』『Somerville(日本語対応)』『東方:平野孤鴻(日本語対応)』『カードファイト!! ヴァンガード ディアデイズ(日本語対応)』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『JR東日本トレインシミュレータ(日本語対応)』『Beat Hazard 3(日本語対応)』『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(日本語対応)』『初音ミク ロジックペイントS(日本語対応)』『モノクロームメビウス 刻ノ代贖(日本語対応)』『Crysis 3 Remastered(日本語対応)』『Crysis 2 Remastered(日本語対応)』『Floodland(日本語対応)』『Bravery and Greed(日本語対応)』『Bound By Blades(日本語対応)』『Call of Duty: Warzone 2.0(日本語対応)』『WHAT THE BAT?(日本語対応)』『メダル オブ ガーディアンズ(日本語対応)』『LAPIN(日本語対応)』『サンセット・ルート(日本語対応)』『McPixel 3(日本語対応)』『LONN』『Frozen Flame(日本語対応)』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

カードファイト!! ヴァンガード ディアデイズ(11月16日発売)

本作は、アニメ「カードファイト!! ヴァンガード overDress」を題材にしたデジタルカードゲーム。『モナーク』と『The DioField Chronicle』開発元が共同開発しており、オリジナル主人公と共にoverDress世界のオリジナルストーリーを体験出来ます。1000種類以上のカードとゲーム独自の特殊演出を収録している他、スリーブやプレイマットのカスタマイズにオンライン対戦も対応済みです。

Somerville(11月15日発売)

本作は、『INSIDE』元クリエイターが贈る2.5Dパズルアドベンチャー。プレイヤーは一人の父親となり、愛犬や家族と共にエイリアン侵略後の紛争地域を乗り越えていきます。悲観的演出と奥行きを活かした状況描写がとても濃密で、思わず息を呑んでしまうような没入感はさながら映画のよう。セリフ等は殆ど無く、謎解きを中心とした4時間程度の物語となっています。

171(11月17日発売)

本作は、ブラジル版『GTA』と称されるオープンワールドなクライムTPS。ブラジルの架空都市を舞台としており、強く影響を受けた「Grand Theft Auto」シリーズと同じく、乗り物の操作に銃撃戦及び強盗といったアクションや犯罪等が醍醐味。犯罪を起こした際は警察だけでなく、地元ギャングとの問題に直面するのは本作一番の特徴かもしれません。

東方:平野孤鴻(11月15日発売)

本作は、古代中国の建築芸術にフォーカスした街作りシミュレーション。害虫災害や飢饉といった問題に立ち向かいながら複数の建設方案を用いて自分だけの街を作り上げていきます。施設一つ一つが緻密に作られており、まるで動くミニチュアのような街並みは眺めているだけで美しく心躍る事間違いなし。才能を強化すれば災難応対や人材管理の大きな手助けとなり、異なるスキルを持つ策士で街の発展をサポートしつつも引き抜きには要注意です。

GOODBYE WORLD(11月17日発売)

本作は、ゲーム開発成功を夢見る二人のインディーゲーム開発者が主人公のナラティブアドベンチャー。物語及びエンディングの分岐は無く、プレイヤーは二人の物語を13話形式に渡り追っていきます。進行には12ステージからなるパズルプラットフォームをゲームボーイのようなゲーム機で遊び、その中でゲーム開発の苦楽が凝縮されたリアルなストーリーを深く味わえます。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました