ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【今週のSteamリリース 第186回】ダイス街作りシム『Dice Legacy』アイソメトリックRPG『Encased』アクションJRPG『Tales of Arise』他19作品

スポンサーリンク
ゲーミングニュース
この記事は約4分で読めます。

今回で186回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週9月6日~9月12日までにリリースされた作品の中から『Tales of Arise(日本語対応)』『Dice Legacy(日本語対応)』『Encased: A Sci-Fi Post-Apocalyptic RPG(日本語対応)』『ロスト・イン・ランダム(日本語対応)』『Life is Strange: True Colors』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Arboria』『FINAL FANTASY IV(日本語対応)』『Dream Cycle』『RICO: London(日本語対応)』『The Artful Escape(日本語対応)』『ブラッドレインビトレイヤル 鮮血(日本語対応)』『Kraken Academy!!(日本語対応)』『Vampire: The Masquerade – Bloodhunt(日本語対応)』『Bus Simulator 21(日本語対応)』『Residual(日本語対応)』『Nearly Dead』『TeamTower』『Summer Mission(日本語対応)』『Webbed(日本語対応)』『Forsaken World: Gods and Demons』『NBA 2K22(日本語対応)』『BEAT ARENA(日本語対応)』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

ロスト・イン・ランダム(9月10日発売)

EA Originals9作目となる本作は、ゴシック童話に着想を得たアクション・アドベンチャー。『Fe』開発元が携わっており、プレイヤーは一人の少女となってサイコロと共に摩訶不思議な旅に出ます。ダイスひと振りで展開が変わるアクション絡めたダイスバトルや、マーベルコミックス「絶対無敵スクイレルガール:けものがフレンド」の作者ライアン・ノースが手掛けた物語は他作品には無い魅力です。

Encased: A Sci-Fi Post-Apocalyptic RPG(9月8日発売)

本作は、架空の1970年代を舞台としたディストピアなロシア産アイソメトリックRPG。ステルスプレイはもちろん不殺に殲滅、誰も頼らないソロプレイや仲間を集めた協力プレイなど、かなり自由度の高いRPGに仕上がっています。プレイヤーは5つの職業から1つ選択でき、その時々のステータスや選んだ選択肢によって変化するマルチエンディングを採用。ロボットアーマーもあるため『Fallout 1』などを好む人には打って付けの作品です。

Tales of Arise(9月10日発売)

シリーズ25周年記念となる本作は、「テイルズ オブ」シリーズ17作目のアクションJRPG。アニメ表現と水彩画2つから着想を得たアトモスシェーダーを始め、物語の要所に挿入されるufotable制作のアニメーションとUE4で描かれた繊細なビジュアルが圧倒的世界観を構築。シリーズ作品ながら完全新規タイトルの為、未プレイヤーでも確実に楽しめる作りとなっています。キャッチコピーは「心の黎明を告げるRPG」。

Life is Strange: True Colors(9月10日発売)

本作は、シリーズ4作目にあたるマルチエンディング・アドベンチャー。主人公は人の感情を読む能力を持ち、その力を行使して隠された真実を解き明かしていきます。感情のジェットコースターとも言われる物語を築き上げ、「Life is Strange: Before the Storm」に出ていたステフも再登場を果たすなど、シリーズ追ってきたプレイヤーは深みあるストーリーが体験出来るでしょう。

Dice Legacy(9月10日発売)

中世スチームパンクとボードゲームを融合させた本作は、ダイスを振って発展させていく街作りサバイバルシミュレーション。ダイスを転がしながら戦略を立て、自動生成されるリングワールドを舞台に世界を探検していきます。ダイスを鋳造することで組立ダイスを生成でき、エンパワーすればダイスアビリティがアンロック可能。運を味方に付けていくのは本作ならではのゲーム性かもしれません。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました