【今週のSteamリリース】サバイバルホラー『The Forest』、ローグライトアクション『City of Brass』、店舗経営アクションシム『Shoppe Keep 2』 他2作品

今回で21回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週4月30日~5月6日までにリリースされた作品の中から『Total War Saga: Thrones of Britannia』『Shoppe Keep 2』『The Forest』『Judgment: Apocalypse Survival Simulation』『City of Brass』をピックアップ!

 

The Forest(5月1日発売)

 

本作は、墜落した飛行機から誘拐された息子と謎の島から脱出を試みるべく探索していくサバイバルホラー。正式リリースによりストーリーがほぼ完成し、島中を探索していく事で様々な島の手掛かりを手にしてエンディングを目指していきます。マルチも最大8人まで対応し、機械翻訳からちゃんとした日本語にも対応して、皆で建築をしながら物資を集めて洞窟探索やミュータントとの戦闘を楽しめます。

 

Total War Saga: Thrones of Britannia(5月3日発売)

 

「Total War」シリーズ最新作の本作は、七王国時代が終わりを告げた878年から舞台にした中世ターン制ストラテジー。おま国となっている『Total War: ATTILA』をベースとしたいわゆる公式ブリタニアModです。Pack File Managerでそのまま起動する事も可能で、日本語には非対応となっています。

 

City of Brass(5月5日発売)

 

本作は、猾な泥棒としてプロシージャルに生成される呪われた都市を冒険していくローグライトアクション。左手の鞭と右手の剣を駆使して伝説のお宝を目指していきます。因みにローグライトとは、厳密なローグライクではないもののプロシージャル生成やパーマデス・ダンジョン生成など、ローグライクの特徴の一部を備えた作品です。

 

Shoppe Keep 2(5月4日発売)

 

本作は、ファンタジーなオープンワールドでお店を経営し、自身も冒険に出る店舗経営アクションシミュレーション。釣りや農場、生物との戦闘、木こりなどそれによって得られるアイテムを利用して新たなアイテムの作成及び店頭に売り出し、店を大きくしていくのが主な目的となります。

もちろん魔法も存在し、自身のプレイに応じて各アイテムの市場価値が過去最低になることもあるリリース直後にしては出来ることが多い作品です。

 

Judgment: Apocalypse Survival Simulation(5月3日発売)

 

本作は、悪魔蔓延る世界で生き残りを目指す見下ろし型のポストアポカリプスサバイバルシミュレーション。プレイヤーは各生存者を管理し、物資の収集及びそれらを使った拠点制作、悪魔と戦うための装備制作や拠点の防衛を行なっていき、最終的に悪魔を地獄へと還していきます。

また正式リリースしたことによって、アイテム・作成できる装備の種類や登場する悪魔の種類も増え、今までプレイして放置していた人も再度楽しめるようになっています。