ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。
スポンサーリンク

【MONSTER HUNTER: WORLD(MHW)】CPU使用率軽減などを図る最適化Mod「Special K」の導入方法と使い方

Steam
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、コースケ(@pcmodgamer)です。

今回は『MONSTER HUNTER: WORLD(MHW)』で使える最適化Mod「Special K」の導入方法と使い方について解説します。

本Modは、Kaldaien氏がSteamスレッドに投稿した最適化Mod。CPU使用率の軽減はもちろん、様々な改善によるfps向上、HUDを非表示にしたスクリーンショットの撮影など、MHWを快適にプレイする為に作成されています。その他Modを管理する際は、下記記事で紹介しているMod管理ツールの使用がオススメです。

【MONSTER HUNTER: WORLD(MHW)】Mod管理ツール「MHW Mod Manager」の導入方法と使い方
『MONSTER HUNTER: WORLD(MHW)』で使えるMod管理ツール「MHW Mod Manager」の導入方法と使い方を解説します。

導入方法

前提条件としてVisual C++ 2017ランタイムが必須となるので、まだインストールされていない人は先に済ませておきましょう。

それと一つだけ気を付けて欲しいのが、Reshadeを既に導入しており本Modと併用する際はdxgi.dllの競合を防ぐため、氏が作成したSpecial K用のReShadeプリセットの使用を推奨しています。

 

・氏のGithubより「Special K」をダウンロード。ダウンロードしたファイルを展開し、中に格納されているファイルを全てMHWのインストールフォルダへコピーして下さい。これだけで導入は完了。

インストールフォルダの例(E:\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World

使い方

・ゲームを起動し、Ctrlキー+Shiftキー+Backspaceキーを同時押しして「Special K」を起動。最初にライセンス承諾画面が表示されるのでI Agreeにチェックを入れてAcceptを選択。

・承諾したら、MONSTER HUNTER: WOPRLDタブのLimitオプションのPhysical Coresを選択。環境によってはLogical Coresのままが良いかもしれないので、両方試して自身に合う方を選択すると良いでしょう。

すぐ下にあるAnti-Debug WorkaroundはチェックしたままでOK。Framerate LimiterタブのFramerate LimitよりAdvanceを選び、Sleepless Window Threadもチェックしておくと最適化に繋がります。240Hzや144Hzモニターを使用してる人はここでfps上限を設定することも勧めます。

・次に、Window ManagementタブのInput/Output BehaviourからUnrestrict Cursorにチェックを入れると、マルチディスプレイの際にマウスカーソルをウィンドウ外に移動できる機能が使用できます。

またSteam EnhancementsタブのScreenshotsより、Take Screenshot without Game’s HUDに該当するキーをゲーム中に押すことで、HUDを非表示にした状態でSteam機能を使ったスクリーンショットを撮影できます

・下記画像が本Modの機能を用いて撮影したスクリーンショット。HUDが全て非表示にされた状態且つ綺麗に撮れています。Steamオーバーレイの機能を使用して撮影しているので、Steamのスクリーンショットアップローダにもちゃんと反映されます。アンインストールしたい場合、コピーしたファイルを全て削除するとアンインストールされます

 

以上が、『MONSTER HUNTER: WORLD(MHW)』で使える最適化Mod「Special K」の導入方法と使い方になります。本記事では筆者が必要だと思い弄った部分を主に紹介しましたが、他にも実績解除時に自動でスクリーンショットを撮影する機能などもあるので色々試してみると面白いかもしれません。何かあればコメントお願いします。

アンケート実施中!!

ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。

こちらのリンク又は下記アンケートより回答できます。

 

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました