ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。
スポンサーリンク

【今週のSteamリリース 第62回】自動車生産シム『Production Line : Car factory simulation』、群衆アクション『Undead Horde』、ミステリーアドベンチャー『7th Sector』 他12作品

ゲーミングニュース
この記事は約3分で読めます。

今回で62回目の「今週のSteamリリース」。その週にリリースされた「面白そうな」5作品を独断と偏見でピックアップして軽く紹介していくシリーズものです。

今週3月4日~3月10日までにリリースされた作品の中から『7th Sector』『Production Line : Car factory simulation』『Shotgun Farmers』『Undead Horde』『Devil May Cry 5』をピックアップ!

この他にも今週紹介できなかった『Eternity: The Last Unicorn』『Quest Hunter』『ETHEREAL』『Kageroh: Shadow Corridor(日本語対応)』『Super Phantom Cat(日本語対応)』『The Path To Die』『The Occupation』『Fantasy Blacksmith』『The Wild Age』『LEFT ALIVE(日本語対応)』もリリースされているのでチェックしてみて下さい。

 

Shotgun Farmers(3月9日発売)

本作は、最大10人の農家が自給自足の武器で戦う農業FPS。プレイヤーは全10種類の野菜をモチーフにした武器を用いて勝利を目指します。地面に射撃することで同じ武器が生長するシステムを採用しており、これによってリロードは不要。日本語にも対応し、カジュアルながら一瞬の判断が生死を分けるユニークなFPSが体験できます。

 

7th Sector(3月5日発売)

本作は『35MM』開発元のサイバーパンクアドベンチャー。『35MM』とは打って変わってパズル要素が全面に押し出されており、キャラクターを操作しながら様々な装置を接続して情報を集めていきます。エンディングも4種類あるようで周回プレイが捗ります。なお、前作と違って日本語に対応しています。

 

Devil May Cry 5(3月8日発売)

本作は「Devil May Cry」シリーズ5作目となるスタイリッシュアクション。『BIOHAZARD RE:2』等に使用されていたREエンジンが採用されており、リアルな表現はもちろん爽快感あるアクションは未だ健在。ハイセンスな戦闘と今までの主人公らも登場するストーリーは必見です。

 

Undead Horde(3月6日発売)

本作は、死者の群衆を率いて世界を滅ぼす見下ろし型のネクロマティックストラテジー。プレイヤーはネクロマンサーとなって、最大100人のあらゆる種類のクリーチャーに命令を下して戦っていきます。本作にはストラテジーの他にRPGやハクスラ要素も兼ね備えており、戦闘で得た戦利品は商人と売買することも可能となっています。

 

Production Line : Car factory simulation(3月7日発売)

本作は、限られた敷地内に自動車製造ラインを敷いて販売利益を上げる自動車生産シミュレーション。資材搬入口及び出荷口はデフォルトで決められており、その中でどうライン設計して利益を上げていくかが鍵になります。ワークショップにも対応していますが、本作は自由気ままに遊ぶと言うより効率を考えたパズル要素が強めなのでプレイする際は注意が必要です。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました