ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

Steam版『State of Decay 2: Juggernaut Edition』を日本語化する方法

Steam
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、コースケ(@pcmodgamer)です。

今回は、Steam版『State of Decay 2: Juggernaut Edition』を日本語化する方法を解説します。

予め言わせて頂くと、Epic版はSteam版以外は日本語化出来ませんのでご注意下さい。ただし他のPC版やXbox Oneとのクロスプレイは可能なので、ここだけ勘違いしないようにお願いします。

日本語化を行う前に必ず一度は初期起動を済ませておいて下さい

5月24日追記:ゲームパス版でも同じ手順で日本語化出来る模様です。Twitterのリプレイ及び本記事のコメントより教えて頂きました。
Steam:State of Decay 2: Juggernaut Edition
The dead have risen and civilization has fallen. Now it's up to you to gather survivors, scavenge for resources and build a community in a post-apocalyptic worl...

日本語化する方法

・有志の方々が翻訳作業している日本語化作業所へアクセスし、画面左下から日本語化手順シートへ移動。

・1-1に表記されたSoD2_LocResConverterをクリックしてGoogleドライブからSoD2_LocResConverter_v1.1.0.zipをダウンロードして下さい。

・ダウンロードしたらZipファイルを展開し、中に格納されているSoD2_LocResConverter.exeを起動。

その後、自動日本語化ファイル作成ボタンを押して「日本語化処理が完了しました。」と表示されれば日本語化完了です。

起動時に警告が表示された場合は、詳細情報を選んで実行をクリックすれば起動出来ます。

・後はゲームを起動して日本語なら問題ありません。ただし整合性チェックしたり英語以外の別言語に変更すると元に戻ってしまうので要注意です。

日本語化出来ない場合

・日本語化作業所のメイン(Update29)シートを表示し、左上のファイル→ダウンロードからカンマ区切り形式(.csv)を選択して翻訳シートをダウンロード。

・一番最初にダウンロードしたSoD2_LocResConverter_v1.1.0内に格納されているCookedフォルダを『State of Decay 2: Juggernaut Edition』のSavedフォルダにコピー。

セーブフォルダの例(C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\StateOfDecay2\Saved

・その後、先にダウンロードしたカンマ区切り形式(.csv)の翻訳シートをSoD2_LocResConverter.exeを使って翻訳ファイル(.locres形式)に変換してから、『State of Decay 2: Juggernaut Edition』のSavedフォルダ内にあるen-USフォルダへコピー。

コピーしたらgame.locresという名前に変更して保存すれば完了。起動したら日本語化されているはずです。

en-USフォルダの例(C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\StateOfDecay2\Saved\Cooked\WindowsNoEditor\StateOfDecay2\Content\Localization\Game\en-US

 

以上がSteam版『State of Decay 2: Juggernaut Edition』を日本語化する方法になります。たったワンタッチで日本語化出来てしまう手軽さに有志の方々には感謝感謝です。セールで購入した際は試してみると良いかもしれません。何かあればコメントお願いします。

アンケート実施中!!

ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。

こちらのリンク又は下記アンケートより回答できます。

 

コメント この記事についたコメント

  1. ゲームパス版でも全く同じ方法で日本語化出来るので訂正お願いします。

    • Twitterの方でも教えて頂いたので追記しました。

タイトルとURLをコピーしました