ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。
スポンサーリンク

【E3 2018】「The PC Gaming Show」で発表された気になった情報をひとまとめ

ゲーミングニュース
この記事は約7分で読めます。

6月12日に行われたE3 1028「The PC Gaming Show」にて、各デベロッパーが様々な情報を発表したので気になった情報をまとめて紹介していきます。

 

工場建設オープンワールドFPS『Satisfactory』が正式発表。『Goat Simulator』で知られるCoffee Stain Studios開発の作品になります。既にSteamストアページは公開されており、トレーラーを見る限りでは『Factorio』が3D化されたゲームという強い印象を受けます。

発売日は未定ながら、フレンドとオープンワールドで資源収集しつつ工場の自動化を図る楽しさは、2分間のトレーラーを見ただけで伝わってきます。

 

タクシー運転シミュレーション『Neo Cab』が正式発表。サイバーパンクな世界で人間最後のタクシー運転手として、お客を目的地へ運ぶだけでなく会話を通して感情や評判などのバランスを上手に維持していく必要があります。

独特なキャラクターデザインに今までになかった発想と人を選びそうな作品ですが、ハマる人にはとてつもないゲーム体験を導いてくれそうです。なおSteamストアページは既に公開済みです。

 

12平方kmのマップで戦う400人バトルロイヤルFPS『Mavericks Proving Grounds』の新トレーラーが公開。今回のトレーラー公開に併せて、公式サイトでは8月より開始されるクローズドベータの参加受付もされており、10月中にはオープンベータ、12月にアーリーアクセス販売がされる予定です。

また、400人バトルロイヤル以外に1000人規模で繰り広げられるMMOFPSも2019年に予定されています。

 

Modから誕生した殺人ミステリー『The Forgotten City』が正式発表。元々は『The Elder Scrolls V: Skyrim』で公開されていた大規模Modで、今回1つの作品として再構築されています。発売は2019年中としており、Steamストアページは公開済みです。

 

クトゥルフ・オープンワールドアドベンチャー『The Sinking City』の新トレーラーが公開。こちらもトレーラー公開に併せて、発売日を2019年3月21日と発表しました。プレイヤーは私立探偵としてオープンワールドを探索していきますが、クトゥルフと言うだけあってホラゲーが苦手な人にとっては恐ろしい作品かもしれません。

 

龍が如くシリーズ2作品『Yakuza Kiwami(龍が如く極)』と『Yakuza 0(龍が如く0 誓いの場所)』のPC版が正式発表。『Yakuza 0』は2015年に発売された作品で8月2日にリリース予定。『Yakuza Kiwami』がシリーズ1作目のリメイク版となり、発売日などは不明です。

この2作品以外にも『Valkyria Chronicles 4』及び『Shenmue I & II』が2018年内に日本語字幕無しでリリース予定です。

 

プレイヤーはサメとなって人間を襲うオープンワールドshaRkPG『Maneater』が正式発表。狂ってるとしか思えない、ゲーム性次第でプレイすれば絶対面白いサメゲーが発表され、発売時期などは不明なものの期待が高まります。既にSteamストアページは公開済み。

 

ポケモンスタイルRPG『Bravery Network Online』が正式発表。プレイヤーは自身のチームから1体キャラクターを選出し、JRPGスタイルでコマンドを選択して戦っていきます。公式サイトではベータの参加受付もしており、「your name」からプレイヤー名を入力することで登録完了となります。本作はSteamにて2019年中にリリース予定です。

 

ほんわかサイバーパンク・農業シミュレーション『Morning Star』が正式発表。のほほんとしたグラフィックからなる画期的な農業シムが発表され、Steamで2019年リリース予定です。

 

ドット絵アクションホラー『Overwhelm』が正式発表。正式発表と同時にリリースされ、既にSteam及びItchで配信中。赤白で統一されたゲーム画面には恐怖さえ覚えます。

 

恐竜テーマパーク・シミュレーション『Jurassic World Evolution』のローンチトレーラーが公開。本作はPC・PS4・XboxOneを対象に、『Planet Coaster』や『Elite Dangerous』を手掛けたFrontier Developments開発の作品。細部に渡るまで様々な事ができるようで、概ね好評。そのうち『Planet Coaster』と同じようにワークショップ対応を考えると買わずにはいられません。

 

殺人ミステリー『Night Call』が正式発表。Steamにて2019年前半にリリース予定。パリを舞台にした本作は、プレイヤーはタクシー運転手となって乗客との会話を通して捜査に協力して事件を解決していきます。独特な白黒グラフィックがゲーム性と非常にマッチしています。

 

オープンワールド・アドベンチャー『Sable』が正式発表。Steam・PS4・XboxOne向けに2019年リリースを予定しており、こちらも独特なグラフィックに砂漠を舞台とした美しいレンダリングの世界が光ります。

 

宇宙船サバイバルFPS『Genesis Alpha One』の新トレーラーが公開及び発売日が決定。Steam・XboxOne・PS4を対象に9月5日リリースが決定し、最新トレーラーでは、宇宙船建設や他惑星への資源調達、大量のクリーチャーとの戦闘などが描かれています。

 

『PAYDAY 2』開発元のサバイバルCoopFPS『Overkill’s The Walking Dead』の新トレーラーが公開。正直完成するとは思いませんでしたがゲームプレイ映像を見て安心しました。本作はPC・PS4・XboxOneを対象に11月7日にリリース予定。

 

サバイバルアドベンチャー「Don’t Starve」の新DLC『Don’t Starve: Hamlet』が正式発表。様々な新要素を引っ提げ、12月にリリース予定です。

 

2Dローグライト『Noita』の新トレーラーが公開。未だ発売時期は不明なものの、Steamストアページは既に公開されており、ドット絵の中だから味がある細かな物理表現や魔法のエフェクトなどが特徴の作品です。

 

コミカルな病院経営シミュレーション『Two Point Hospital』の新トレーラーが公開。個人的にオブジェクトをどかした際に出てくる何匹ものGを、連続で潰すことでキルストリークが表示されたところがツボです。本作は2018年内にSteamでリリース予定。

 

夫婦で制作されている、ゆるふわ生活シミュレーション『Ooblets』の新トレーラーが公開。トレーラーを見た通り、様々なクリーチャーと戦闘(ダンスバトル)をしたり、農業や家の装飾など心落ち着く楽しい要素が満載の本作は2018年内にSteamでリリース予定です。

 

都市開発シミュレーション『Anno 1800』の新トレーラーが公開。PCを対象に2018年冬にリリース予定。短いトレーラーながらシリーズ続編に恥じない面白さが伺えます。

 

見下ろし型2Dバトルロイヤル『Rapture Rejects』が正式発表。ふざけたトレーラーながらFPSが苦手な人でも気軽に触れられるバトルロイヤルで良いかもしれません。本作はSteamで2018年内にリリース予定。公式サイトではアルファテストの参加を受け付けています。

 

ステルスアクション『HITMAN 2』の新トレーラーが公開。シリーズ通して相変わらずのコスチュームやユニークな武器の数々。1つの目のゲームプレイトレーラーでは、47通りの殺し方が紹介されています。本作はPC・XboxOne・PS4向けに11月14日にリリース予定です。

 

以上が「The PC Gaming Show」で気になった情報になります。一部情報については記載していないので、気になる方は上記タイムシフトをご覧下さい。

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました