ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。

【Warhammer: Vermintide 2】開発公認のオススメMod25選

スポンサーリンク
Steam
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、コースケ(@pcmodgamer)です。

今回は『Warhammer: Vermintide 2』にて、開発公認のオススメMod25選を紹介します。

2020年12月以降よりアップデートが無い一部Modに関しては、ゲームのクラッシュや不具合を起こす場合があるため導入は控えることを推奨します。

公認Modとは

前作『Warhammer: Vermintide』はMod対応していませんでしたが、今作になって非公認及び公認という線引の元、ワークショップにてMod対応を果たしました。

そもそも公認Modとは、開発に認められ公式サーバーで使用できるMod。非公式Modも同じように使用できるものの公式サーバーでは使えず、ゲーム内報酬や実績解除が得られなかったりします。なので基本的に公認Modを使用し、公式サーバーで遊ぶのが一般的です。

Modの導入方法

・適当な公認Modをワークショップよりサブスクライブ。Steamからゲームを起動し、ランチャー内のMODSを選択。

サブスクライブしたModにチェックを入れ、上から順に読み込まれるようにUP&DOWNボタンを使いロードオーダーを並び替えて下さい。なお「SANCTIONED」と表記されているのが公認Mod。非公認Modが認可されれば同じように表記されるはずです。

前提Modが該当Modより下に配置されている場合は、小さく赤文字で「Loaded before {Mod名}」と表示されます。その際は記されているModを該当Modよりも上に配置してあげて下さい。そうすれば赤文字が消えます。

・Modの指定とロードオーダーの並び替えが済んだらAcceptを選択。最後にPLAY上部の「Official Realm」を選んでからPLAYをクリックして下さい。これでModの導入及び適応は完了です。

もしゲームが始まらずエラーを吐いて落ちる場合は、ロードオーダーの順番がおかしいか非公認Modが混じっている、極稀にMod同士が競合している可能性があります。

Official Realm対応のMod一覧

Vermintide Mod Framework

Modの動作に必須な大前提Mod。これ一つで専用のModオプション、チャットコマンドや新たなキーバインドなど様々な機能を追加します。本Modが無ければ大体のModは動作しません。下記2つの前提Modの前提にもなるので、ロードオーダーには気を付けて下さい。

Steam Workshop::Vermintide Mod Framework

Penlight Lua Libraries

同じく一部Modに必要な前提Mod。こちらも大体のModに対し必須です。

Steam Workshop::Penlight Lua Libraries

Simple UI

UI関係に必要な前提Mod。一部ModのUI拡張や改善に必要なフレームワーク的存在。UIを拡張するModは殆どこれが前提となっています。

Steam Workshop::Simple UI

Skip Intro

長く飛ばせないイントロスキップMod。まさかのイントロスキップが公認Mod。特に理由が無いなら起動時間が短縮されるので導入しておくことを推奨します。

Steam Workshop::Skip Intro

Countries in Lobby Browser

ロビーブラウザ追加Mod。公式では対応せず、Modという形でブラウザ機能を追加します。ブラウザを開くとホストの在住国、ミッションタイトルやPingが表示されます。残念ながらクイックプレイには適応されません。

Steam Workshop::Countries in Lobby Browser

Bot Improvements – Combat

Botの性能改善Mod。頼りなかったBotがソロでプレイする時でも頼りになるレベルで改善されます。マルチではホストが導入し、Modをオンにしていれば機能します。フレンドと3人以下でプレイする時や、ソロでプレイする際は必須Modです。

Steam Workshop::Bot Improvements - Combat

Numeric UI

視認情報を増やすUI拡張Mod。各プレイヤーのHPをパーセント表示、武器の総残弾数、キャリアスキルのクールダウンタイム、Last life及びNatural Bondの存在を示すアイコンをそれぞれ左側のUIに追加します。PT・野良プレイにおいて、誰が弾薬必要か等が聞かずともひと目で分かるので超必須。

Steam Workshop::Numeric UI

Player List Plus

プレイヤーリスト拡張Mod。TABキーで表示した時のプレイヤーリストに使用中の装備やパッシブスキルを追加します。野良で遊ぶ場合、誰がどう戦うのかがある程度分かるのでかなり重宝します。

Steam Workshop::Player List Plus

UI Improvements

ロビー内UIの拡張及び改善Mod。導入するとインベントリー等を開くだけで、各ヒーローの装備やパッシブスキル・コスメティックが変更できるようになります。Craftingタブを開けばサルベージや装備強化、リロールを全て利用できる多機能っぷり。全機能を一箇所に固めているので面倒な人にはオススメ。

Steam Workshop::UI Improvements

Loadout Manager

ワンクリックで切り替えられるロードアウトMod。導入すると、各ヒーロー1つ~10つまでロードアウトを保存出来るようになります。レベルが上がりパッシブスキルが増え、装備が充実してくる頃に導入するのが一番良いタイミングかなと。なお上記Mod「UI Improvements」と併用可能です。

Steam Workshop::Loadout Manager

Killfeed Tweaks

キルフィード改善Mod。キルログの位置を変更しつつ、ラストキルしか表示されなかったキルログを攻撃を与えたプレイヤー全てを表示するように改善します。

Steam Workshop::Killfeed Tweaks

Reroll Improvements

リロール改善Mod。リロールした後でも同じ装備を再度リロール出来るようになり、リロール画面にプロパティとタレントを表示します。ゲームプレイ後半になると、利用する機会が増えて真価を発揮するMod。

Steam Workshop::Reroll Improvements

Weapon Kill Counter

各武器にキルカウンターを追加するMod。序盤中盤のプレイではどんどん装備を更新してしまうのであまり意味はないですが、後半になれば楽しみが一つ増えるようなModです。

Steam Workshop::Weapon Kill Counter

Crosshair Customization

クロスヘア改善Mod。クロスヘアのサイズと色を変更できるようになります。デフォルトの物が気に食わなければ導入すると良いでしょう。

Steam Workshop::Crosshair Customization

No Wobble

画面揺れ防止Mod。攻撃時に揺れる画面を揺れないように変更します。FPS酔いする人や激しい戦闘の中で煩わしさを感じている人にとっては、長く遊ぶ為に必要なModかもしれません。

Steam Workshop::No Wobble

Needii

アイテムの優先順位表示Mod。何かしらのアイテムを取得する際、それは誰が優先して取得するべきかをヒーローアイコンで表示します。上記Mod「Numeric UI」と併用すれば、本Modの有用性は増すと思います。

Steam Workshop::Needii

Chat Block

チャット中の自動ブロックMod。導入することで、チャット中はゲーム側が自動的に攻撃をブロックしてくれます。聞き専プレイヤーがチャットを使う場合は便利なんじゃないかなと。

Steam Workshop::Chat Block

Armory

各武器種のダメージ数値などをゲーム内から確認できるデータベースMod。自身のヒーロービルドと併せて見ると、どの武器が最適かがよく分かると思います。DLCにも対応済み。

Steam Workshop::Armory

Bestiary

各敵のモデルや能力値を確認できるデータベースMod。上記Mod「Armory」と違い、こちらはどの敵をどれだけ倒したか等の総合キル数も導入時点からカウントされるので、たまに見ると面白いかもしれません。

Steam Workshop::Vermitannica

Mission timer

ミッションタイマー表示Mod。ミッション中&ミッションクリア後の右下に経過時間を表示します。ミッションにどれだけ時間が掛かったぐらいしかありませんが、導入しておいて悪くはないです。

Steam Workshop::Mission timer

Scoreboard Tweaks

スコアボード拡張Mod。拡張というほどでもないが、スコアボードの項目に「Friendly Fire(FF)」を追加します。これがあるだけで自分はどれだけFFしてしまったかが分かり、動きの改善になるのが捗ります。

Steam Workshop::Scoreboard Tweaks

Neuter Ult Effects

視覚効果軽減Mod。キャリアスキル発動中の音響及び視覚効果を軽減します。ちょっと邪魔だなと感じていた人にはオススメのModです。

Steam Workshop::Neuter Ult Effects

Third Person Equipment

TPS視点に変更するMod。FPS視点は苦手だと言う人にオススメのMod。現在装備しているアイテムやコスメティックも反映され、ただTPS視点にするだけでは終わらないのが良いところ。

Steam Workshop::Third Person Equipment

 

以上が『Warhammer: Vermintide 2』にて、開発公認のオススメMod25選になります。ゲーム内容に対して紹介するModの数が多くなってしまいましたが、筆者は殆ど導入して遊んでいます。どれも有用且つ便利なModですので是非導入して遊んでみて下さい。何かあればコメントお願いします。

アンケート実施中!!

ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。

こちらのリンク又は下記アンケートより回答できます。

 

コメント この記事についたコメント

タイトルとURLをコピーしました