RU版『Rocket League』の起動制限の有無と日本語化について


SteamDBを確認してもRocket LeagueのRU版の情報が載っていなかったので、実際に購入して確認してみました。

今回購入したのはG2A-RocketLeague RU版。どこ見てもギフトばかりだったので、G2Aのほうで購入しました。

目次
起動制限の有無
日本語化
VPNを切ってオンラインは可能か
まとめ

起動制限の有無

キーではなくURLが届いたので、コピペして接続したら即ギフトが届きました。
もちろんRU版なので有効化にはVPNが必要です。

ここからが問題で、ライブラリを探してインストールしようとしたらリージョンロックが掛かっていました

プレイにVPNが必須な場合は「これは特定の地域でのみプレイできるよう制限された…」とギフト受け取り時の画面で表示されるんですが、このゲームの場合はされていなかったですね。
仕方ないのでVPNを使ってDLして、VPNを付けたまま起動しました。

ここまでは問題なく。
次は一旦日本語化してみました。
日本語化

意外にも簡単で、「起動設定」のところに「Language=JPN」と入力するだけ。

ほぼほぼ完璧です。

多分DLCもこの方法で日本語化されるはずです。
VPNを切ってオンライン(マルチプレイ)が可能か

そしてこのままオンラインを出来るか確認のため、VPNを切ってオンラインに接続。

問題なくマルチプレイも出来るようです。

Pingも14pingとアジア鯖で安定して快適に遊べました。

最後に

購入・起動制限が掛かっており、どちらもVPNが必須。 ゲーム起動後は、VPNを切ってもオンラインは可能で、特に問題なし。

日本語化もほぼ完璧。だけど、90日(約3ヶ月)は起動時のみVPN必須という感じですかね。

 

それ以外に特に不満も無く遊べていますし、リージョンロックが解除されるまではこのままVPN使いながらこのゲームを遊ぼうと思います。何かあればコメントお願いします。

アンケート実施中!!

ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。

こちらのリンク又は下記アンケートより回答できます。