【Steam 指南的ガイド】その8-おま国の基本無料(F2P)ゲームをライブラリに追加する方法-


今回は、数ある「おま国」ゲーがある中、基本無料(F2P)ゲーが自分のライブラリに追加できて、遊べるようになったのでその方法を説明しようと思います。
ライブラリに追加した時点でフレンド一覧を見たら、結構プレイしている人がいたので、知っている人がいたらこれを機会に周りの人にも教えてあげて下さい。
追記:2017年8月10日
もっと簡単なやり方をフレンドから教えて頂いたので追記しておきます。

ライブラリに追加する方法

SteamDBへアクセス。
インストールしたい基本無料のおま国ゲーを「search」から検索。
今回の場合であれば「The Elder Scrolls: Legends」から、画面右上の「Free」をクリックしてインストール。これだけです。

この方法で追加出来ない場合は、VPNが必要なゲームということです。

どちらかの方法で出来なければ、やっていない方をお試しください。


とりあえず今回は絶賛「おま国」してるSteam版『The Elder Scrolls: Legends』を例として、インターネットで「The Elder Scrolls Legends」と検索し、Steamストアを検索一覧に表示させます。
FireFoxでもEdgeでもChromeでも何でも大丈夫です。
赤枠で囲った矢印をクリックして、「キャッシュ」を選択して、Steamストアへアクセスします。

上部にキャッシュ情報が出ると共にいつもは見れないストアページが見れるようになります。

ここからSteamクライアントを起動した状態で、「Play Game」をクリックするとこの画面になるので、インストール画面が表示されるまで「Yes」を数回クリック
インストール中止と表示されたら再度「Yes」を選択すれば一発でインストール画面が出ると思います。

これでインストール後、ゲームを起動すれば今後も普通にSteamから遊べるようになります。
この他にも『Ghost in the Shell: Stand Alone Complex – First Assault Online』や『War Thunder』、『A.V.A. Alliance of Valiant Arms』、『TERA』などもこの方法を使えばSteamライブラリに登録してプレイすることが可能です。
ただし『ArcheAge』、『MapleStory』、『Tree of Savior (English Ver.)』、『Mabinogi』、『Continent of the Ninth Seal』のみは、アメリカ等のVPNを繋いだ状態でないとインストールも出来ないのでご注意ください。

Steamにそこまで拘らない人は、ベゼスダランチャー版『The Elder Scrolls Legends』、DMM版『War Thunder』でも良いと思いますが、SteamであればSSの一括管理やアクティビティへの投稿も可能なので、Steamライブラリへの追加を個人的には強く推奨します。何かあればコメントお願いします。

アンケート実施中!!

ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。

こちらのリンク又は下記アンケートより回答できます。