要らないゲームはお金に変換!「G2A」でゲームを販売する方法


Bundleを買ったり、10ランダムSteamキーなどを買うとゲームキーが被ることはありませんか?
今回はそんな被ったゲームやこれは絶対遊ばないと思うゲームをG2Aで販売する方法を紹介します。

 

まず前提条件として、
まだ有効化していないゲームキー
既に自分のライブラリにあるゲームを販売することは不可能です。

 

リージョン(地域制限)が確実に分かるか否か
基本BundleやG2Aで売られているランダムSteamキーはグローバルです。
ただ大体の販売サイトはグローバルなはずで、違うのであれば商品説明やタイトルにそう書かれてると思います。
ロシア圏の鍵屋で購入したならそれはロシア(RU)キーです。

 

販売するゲームがギフトか通常のキーであるかも重要
販売する上でギフト目的で買う人もいるので確認しとくべきです。

販売する上で知っておくと良いこと

・販売する数は4つまでは無料。ただしそれ以上販売しようとすると0.15ユーロ掛かります。

 

・販売期間は一つ14日間。それ以降はチェック欄にチェックを入れていれば0.15ユーロで自動でそのまま再度販売されます。
チェックしてなければまた同じ必要事項を入力して販売すること。

 

・毎日毎時間毎に相場(値段)がある程度変わるので、大体1日おきぐらいにそのゲームの価格を確認して、自分の販売してるゲームの値段を変更しておくと買ってもらい易いかもしれない。

 

・「私の評価」の部分は販売されたゲームが売れると買い手が好評か悪評か評価することで数が増えていきます。

キーのリージョンやゲーム自体の違いで悪評が増えればその分安く販売しても売れないことがある。
逆に好評が多ければ多少他のユーザーより高くても買う人はいるので、結構重要。

 

・各欄は名前の通り。
個人情報の欄で名前とメールアドレスの変更が可能。

販売する方法

1:G2Aにアクセスし、ログインしたら「ダッシュボード」をクリック。

2:「アイテムを販売する」をクリック。

他の項目については後で説明します。

3:必要事項の記入

基本はゲームキーの欄を使用します。
(steamギフトの部分はギフトを販売する際に活用してみてください。
使い方に関しては「steamギフト」をクリックすると画像で丁寧に説明されています。)
In game item」の部分はCS:GOのアイテムを販売する際に使用するものだと思われます。
今回の説明では省きます。


4:品名設定
品名の欄に販売するゲーム名を記入するとこんな感じで表示されます。(例:Fallout 4)

沢山の種類があるので販売する際は確認した上で販売しないと後々面倒になるので気を付けてください。
品名を記入したらそのゲームのコードを「キーコード」の部分に入力して下さい

5:価格設定
G2Aでの大体の相場を見ながらユーロ基準で数字を入力して下さい

親切に右側に円表記がされるので、適当に数字入力しつつ30.02とかで合わせていくのが無難です。
下にある青色のG2Aオファーの部分は特に気にする必要は無く、あれがなくてもなんだかんだ売れるので触れなくて良いです。

 

ステータスの下のチェック欄は、14日(販売期間)で売れないとオークション終了後に自動更新で手数料を支払って再度販売する項目です。
ここでの手数料はG2Aウォレットから差し引かれる仕様です。
それ以降も特に変更せず、価格・品名・キーコードに問題無ければ「商品を売る」をクリックして完了。

何かあればコメントお願いします。