「Humble Monthly」2019年4月分の先行公開は『Mutant Year Zero: Road to Eden』『Absolver』『Northgard』の3作品

Humble Bundleの豪華月刊バンドル「Humble Monthly」が更新され、2019年4月の先行公開3作品が登場しました。

 

今月手に入る先行公開3作品は、非常に好評な『Mutant Year Zero: Road to Eden』、賛否両論な『Absolver』、非常に好評な『Northgard』となります。残り6作品は来月初週の金曜日に公開される予定で、配信期間は3月5日まで

今回対象となっている『Mutant Year Zero: Road to Eden』は、XCOMと類似したターン制ストラテジー。リリースから僅か3ヶ月しか経っていないながら既にバンドル入りしており、最安値でも2000円なので気になってた人は是非契約することを勧めます。他にも6作品付いてきますし、以前バンドル入りしてたConanやCiv6ぐらい破格且つお得です。

『Northgard』はヴァイキングを題材とした中世RTS。最安値は740円となっており、本作も中々安くは手に入らない作品です。日本語化もできるので持っていなければオススメですし、仮に持っていたとしても『Mutant Year Zero: Road to Eden』を持っていない時点で契約してしまっても全然アリだと個人的には思います。

『Absolver』は様々な武術で戦う3人称視点の格闘アクション。Steamで最安値450円で売られているもののPvPの質の悪さに評価が悪いですが、今ではアップデートによってPvEがある上に今回のMonthly入りで人口も増えているので、評価に囚われず楽しく遊べるはずです。

なので『Mutant Year Zero: Road to Eden』さえ持っていなければ充分オススメです。『Absolver』は最悪もっと安く手に入るかも知れませんが、この機会にその時より安くゲット出来るなら良いかなと。

前回3月分の残り及び最終ラインナップは以下の通りです。いつも通り鍵屋で投げ売りされていると思われがちですが、先行公開3作品は滅多にバンドル入りしない作品なので安さはほぼ変わりません。Tower Uniteはバンドルに入るとは思っていなかったのか、数多のSteamerがG2Aに売り飛ばして大体200円ぐらいで購入できちゃいます。先行公開分以外の他作品も恐らく安く手に入るでしょう。

・『EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair

・『Warhammer: Vermintide 2 – Collector’s Edition

・『Cultist Simulator

 

・『Late Shift

・『Tower Unite

・『Fight’N Rage

・『Paradigm

・『Slipstream

・『20 Minute Metropolis』