「Humble Monthly」2019年3月分の先行公開は『Warhammer: Vermintide 2 – Collector’s Edition』『EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair 』『Cultist Simulator』の3作品

Humble Bundleの豪華月刊バンドル「Humble Monthly」が更新され、2019年3月の先行公開3作品が登場しました。

 

今月手に入る先行公開3作品は、圧倒的に好評な『EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair』、ほぼ好評な『Warhammer: Vermintide 2 – Collector’s Edition』、ほぼ好評な『Cultist Simulator』となります。残り6作品は来月初週の金曜日に公開される予定で、配信期間は3月1日まで

今回対象となった『EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair』は、書かれていませんが本編以外にも今までリリースされた全てのDLCが含まれた完全版です。何かと色んなところでセールになるも毎回中途半端なDLCの種類だったり、渋い価格だったりするので本編を持っていてもDLCを殆ど持っていない人はもちろん、未購入者もこれだけの為に契約する価値は以前収録されていた『Conan Exlies』と同じレベルでアリです。

『Warhammer: Vermintide 2 – Collector’s Edition』に関しても気付けばリリース1周年目前なのが驚きですが、こちらも本編と併せてサウンドトラックや壁紙等がついでに貰えるのが地味に有り難いですね。本作はセール最安値で約1000円強なので持っている人は仲の良いフレンドにプレゼントして一緒にプレイすれば良いですし、今まで迷い続けてた人は正にラッキーと言う他に無いです。おまけでEDF4.1やその他7作品が1200円ちょっとで付いてくると考えれば破格過ぎます。

この2作に続いて忘れ去られがちな『Cultist Simulator』ですが、本作はカルト教祖となってカルト教団拡大を目指すカードゲームシミュレーション。日本語無いのがとても惜しいところですが様々なカードを使ってどう動いていくかが面白い作品で、ゲームシステムさえ理解してしまえばあっという間に時間が吸い取られていきます

上記2作品どちらかを持っていなければ今回のMonthlyはオススメです。どれも鍵屋などであまり安くない上に、ついでにCultist Simulatorも手に入れて日本語対応待ちと考えれば全く悪くないかと。

なお前回2月分の残り及び最終ラインナップは以下の通りです。あまりバンドル入りしない作品が多めで当たりでしたね。今回もG2AではFull Metal Furiesが270円だったりAaeroが100円だったりと投げ売りされているので、前回契約していない人は要チェックです。

・『Tom Clancy’s The Division』&『Tom Clancy’s The Division – Survival

・『Yakuza 0

・『Rapture Rejects

 

・『Full Metal Furies

・『Rock of Ages 2: Bigger & Boulder

・『Aaero

・『Sniper Elite 3

・『Bleed 2

・『Super Daryl Deluxe

・『after HOURS