今更知った「GeForce Experience ベータ版」の魅力―ShadowPlay機能廃止とYoutubeLiveへの配信が可能


今までPCを購入してから長らく使用していたGeForceユーザー向けの無料アプリケーション「GeForce Experience(GFE)
それに最近2015年10月15日からベータ版があると知り、どういうものなのか使用してみたところ、あまりに新機能が使い易過ぎて、それらの魅力を紹介しようと思います。
DLリンク及び使い方は記事下部に記載しています

ShadowPlay機能の廃止

ただ廃止と言ってもShadowPlayそのものが失われるものではなく
今まで「ShadowPlay」ボタンをクリックして録画設定や配信環境を整え、どちらかの機能を扱う度に設定を変えていた。
この面倒な設定が無くなり、キーボードのショートカットを使うだけで自分の好きな時に配信・録画両方を使用する事が出来るようになっている。
一見地味かもしれないがよくShadoPlayを多用していた人ならこの機能向上は有り難い限りである。
そして「ShadowPlay」と言う名前から「Share」に名前が変わっています。

Youtube Liveへ配信が可能

今までTwitchのみだった配信が遂に「Youtube Live(Youtube Gaming)」にも配信が可能になった。
それに合わせてYoutubeLive・Twitch両方で1080p/60fpsでの配信も実現
これまで最大で3.5Mbpsのビットレートに止まっていた配信映像のビットレートが最大9Mbpsにまで拡大することで、
以前よりも滑らかな配信が出来るようになった。
今後ニコニコ生放送にも対応すれば、日本ユーザーがより使い勝手が良くなるので期待していきたい。

Game Stream機能に4K配信に対応

非常に素晴らしい事だが、残念ながら日本では未発売である「Shield」のみという。
ただ輸入版を手に入れれば、5.1chサラウンド・60fps・4K解像度で配信が出来るとのこと。
もしSHIELDを手に入れたら是非試してみて欲しい。

GameStream Co-op

この機能はゲームをインターネット上で友達にストリーミングして、
まるでその友達が隣に座っているかのように一緒にゲームを楽しむことが出来る機能です。
是非GFEユーザー同士で使用してみて欲しい。
これらの他にシェアオーバーレイ機能
ゲーム内からAlt+Zを押す事で簡単にShereにアクセスする事が可能。
更にゲームを録画した後、「アップロード」を選択する事で新機能のShareオーバーレイを使って
ゲーム内から動画を直接Youtubeにアップロード出来ます。
動画を編集してタイトルを付けた後はすぐにYoutubeに送信出来ます。
また最近録画された動画を表示したり、アップロードしたりできる「ギャラリー」機能も備わっています。
DLリンク及び使い方

ここまで紹介したGFEベータ版のDLはこちらから
以前まで使用していたGFEは削除せずにそのままexeファイルを起動して上書きして大丈夫です。
「Share」ボタン右クリックで「接続する」と出るので、そこで自分のアカウントを連携させて下さい。

Shareボタンを押すとこんな感じ。

上記画像の「歯車アイコン」をクリックする事で、基本設定を行えます。

オーバーレイ」をクリックすればfpsカウンターなどを設定できます。

何かあればコメントお願いします。

Matched Contentこちらの記事もオススメ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です