狂ったロボットはぶっ壊せ!ソ連を舞台にしたアクションFPS『Atomic Heart』のトレーラーが公開―2018年1月リリース

ロシアのMundfishは、ソ連の工場を舞台に狂ったロボットと戦うアクションFPS『Atomic Heart』のトレーラーを12月5日に公開しました。

 

Youtubeでたまたまトレーラーを見つけたのが本作。Steam上で見る限り、これがMundfishの処女作なのか、公式サイトはあるものの不具合によって機能していないようです。

Steamストアは既にあるようで、リリースは2018年1月を予定。コミュニティハブを見てみるとSteamVR等のVRサポートも行うとしています。音声を除く全てが日本語対応とトレーラーを見ていても期待が高まります。

本作は、プレイヤーは特殊な代理人P-3となり、エンタープライズ「3826」の着陸が失敗した後、何がうまくいかなかったのかを把握し、工場から狂ったロボットを掃除しようと試みていくというのがストーリーの流れになります。

雰囲気的には、『Wolfenstein』シリーズや『Pery(2017)』っぽさも感じます。