【Fallout 76】60fps上限解除&軽量化の方法【DoFの削除&FOVの変更方法】

2018/12/7DoFの削除&FOVの変更方法を追加しました。

今回は、『Fallout 76』において60fpsの上限解除と軽量化の方法を紹介します。

『Fallout 4』からの流用に広さ4倍の影響、根本的な最適化不足によって現状の本作はグラフィック設定がHighやMedium、Lowだろうと例外なく重いです。しかも参加しているワールド内で何らかのグリッチ使用者が一人いるだけでも、サーバーに負荷が掛かって余計にカクついて快適なゲームプレイは困難です。ここではそれらを解消する方法を一つ紹介します。

60fps上限解除&軽量化の方法

・本作のドキュメントフォルダから「Fallout76Prefs.ini」をメモ帳などで展開。

例(C:\Users\ユーザー名\Documents\My Games\Fallout 76)

 

・「[Display]」内に表記されている「iPresentInterval」の値を1から0に変更して上書き保存して下さい。

 

・これで60fpsの上限が解除され、後はゲームを起動してプレイするだけ。起動後はメインメニューへの入りが少し遅くなったり、ロード画面でfpsが1600と表示されることがありますが、表示されるまで待ってみて下さい。

筆者はMedium設定で15~35fpsだったところ、変更後は平均85fps~120fps出る程かなり快適になりました。しかもこの状態でグリッチ使用者のいるワールドに参加すると目に見えて分かるカクつきに出会うので、そういう場合は素直にワールドを変更することを推奨します。

DoFの削除&FOVの変更方法

ここでは『Fallout 4』のようにCustom iniファイルを作成することでゲームに適応される改善法となっています。(参照:vg247

 

・本作のドキュメントファイルを探し、その中に「Fallout76Custom.ini」というファイルを作成。

例(C:\Users\ユーザー名\Documents\My Games\Fallout 76)

 

・メモ帳などで開き、まずはDoFから削除。以下のコードを追加することで邪魔だったぼやけが消えます。

[Display]

fDOFBlendRatio=0

fDOFMinFocalCoefDist=999999

fDOFMaxFocalCoefDist=99999999

fDOFDynamicFarRange=99999999

fDOFCenterWeightInt=0

fDOFFarDistance=99999999

 

・次にFOVの変更。以下のコードを上記で既述した[Display]の下であれば、どこに追加しても大丈夫です。

デフォルトでは80に設定されており、普段PCゲー遊んでいる人からすればやりづらいので90や100~110辺りに変更すると良いでしょう。因みに自分は100に設定しています。

fDefault1stPersonFOV=90.00

fDefaultWorldFOV=90.00

 

・オマケで、アンチエイリアスをTAAからFXAAに変更することもでき、その場合も上記と同じく[Display]の下に追加して下さい。

sAntiAliasing = FXAA

 

・後は上書き保存をしてゲームを起動すればそのまま反映されています。暫定的なMod導入をすると、画像のように更に下へ追加する場合もあります。

 

もしこれでゲームが重い問題が解決しないようであれば、グラボのドライバーとの相性の悪さや使用しているPC自体が低スペックなどが考えられるかもしれません。何かあればコメントお願いします。

アンケート実施中!!

ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。

こちらのリンク又は下記アンケートより回答できます。