【ゲームレビュー】彼を追う4人の警官-Cry of Fear-

 

Steamストアはこちら
『Half-Life』のModから生まれたCoop対応の無料サバイバルホラーFPS『Cry of Fear』のレビューです。

話の内容としては、交通事故に遭った主人公Simonが、いつの間にか見知らぬ場所で目を覚まし、道中で様々な異形の怪物に遭遇しながら自宅を目指すというもの。

ただこれはシングルでプレイする場合の内容で、今回バイオでさえ怖い自分は、フレンド3人と一緒にCoopでクリアしました。
Coopの内容はシングルとまた違い、Doctorの捜索を目的とする警官を操作する別視点でプレイする事が出来ます。
もし主人公と警察官の両方の視点でこのゲームのストーリーを深く知りたいという人はシングルをプレイしてからCoopを遊ぶ事をオススメします。

昔のゲームの元Modのスタンドアロンと言うだけあって、グラフィックや操作性など多少悪い所もありますが、ゲームとしては怪物が本当に異形で、怖くユニークでした。
銃弾に関しても、マガジンに弾が残っている状態でリロードすると、中身を捨ててしまったり、この場所で強敵が出ると分かったりすると弾の管理も考えなくてはいけなくて、終始緊張感がありました。
もちろん昔のゲームなので、思わぬバグがあったり、最近PCに移行してきた人からしたら「なんだこれww」と思う事もしばしあるようで、緊張感の中にも笑いが多かったりします。

Coopもそこまで長い訳でもないので、5時間あれば端から端まで探索しても、確実にクリアできると思います。
ただポート開放して、フレンドにIPアドレス教えてコンソールから参加してもらったりと、一緒に遊ぶまでがちょっと面倒なのでそこだけは注意が必要です。
Hamachiを使う方法がありますがそれは非推奨です。

最近では、有志の方による日本語化が進行してるようで、最初とクリア後の画面にはストーリーの文章が流れるので、それも知りたいという人は日本語化を待つと良いかもしれません。
【日本語化】Cry of fear 日本語化にトライ Part5:花札図書館日記
ホラー苦手な人でも、結構楽しめると思うので無料ですし、是非遊んでみて下さい。

Matched Contentこちらの記事もオススメ

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • TD より:

    失礼します。steamからきました!

    質問があります。coopのやり方についてです。
    いろいろと試しているのですが、うまくいきません。

    ①ポート開放
    ②Host Serverから部屋を作成
    ③フレンドにゲーム内のコンソールから、”connect IPアドレス”
     又は、オーバーレイからフレンドにゲーム招待
    ↑↑↑ここでコネクティングに成功することができません。

    パソコンやサーバーに関する知識はありません。
    マイクラのサーバー立ち上げをして、フレンドと遊んだ経験はあります。
    フレンド共にハマチをインストールしたことがあります。(アンインストール済み)

    そもそもやり方はあっているのでしょうか?教えてください。

    • やり方はあってますが、そこで失敗していると言うことは、解放しているポートが違うか・合っていてもポート開放できてないか・打ち込んでるグローバルIPが違っているか・そもそもフレンドに教えてるIPが違うかのどれかだと思います。
      個人的にはポート開放をしている番号が違うんじゃないかと思ってます。それで自分のフレンドもどれだって言って探しながらポート開放していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です