ただいま既存テーマから新規テーマへ変更中のため、記事内容が一部崩れている恐れがあります。
スポンサーリンク

【積みゲープレイ日記】4ヶ月で肥えた130の作品とDLC

積みゲープレイ日記
この記事は約12分で読めます。

今回で6回目となる、前記事より4ヶ月ほど掛けて積み上げてしまった積みゲーの紹介になります。

平成最後の買い物から4ヶ月で今回は130作品ほど増えてました。前に比べると70作品も減っているのでちょっとは自制出来ているかなと。とは言いつつも結局バンドル買いまくってるのでやってることはあまり変わっていませんが・・・。

自身のSteamレビュー以外にも「Steamキュレーター」にて別のレビューを投稿しているのでキュレーターフォローしていない人がいれば是非よろしくお願いします。

【積みゲープレイ日記】平成最後だったSteamゲーのお買い物
前記事から4ヶ月振りの購入して積み上げた積みゲーの紹介になります。

 

・5月中旬に『War for the Overworld Underlord Edition』と『Nether: The Untold Chapter』をSteamにて計1000円で購入。Netherに関してはだいぶ昔に書いたレビュー然り旧版の『Nether:Resurrected』が好きだったこともあり、思い出補正で買っちゃいました。

同日にはG2Aで『War for the Overworld』及び『Blood Bowl: Chaos Edition』を800円で購入。余ってたG2Aウォレットを使いたかったので歪な買い方してます。因みに初代Blood Bowlには2種類存在し、『Blood Bowl – Legendary Edition』が下位互換で、今回のChaos Editionが完全上位互換なので購入する際は気を付けて下さい。

【ゲームレビュー】終末的都市で生き残れ-Nether:Resurrected-
プレイヤーはもちろんNetherと言うクリーチャーが蔓延る世界で食料・武器・物資を確保しながら生き抜いていく1人称都市型サバイバルゲーム「Nether:Resurrected」

 

・5月末にFanaticalにて「Uprising Bundle」を550円で購入。以前から欲しかった『Asura: Vengeance Expansion』『Fantasy Versus』『Tracks – The Toy Train Tracks Set Simulator Game』が入っていたので即決。持ってはいましたが『Smoke and Sacrifice』と『Snake Pass』もオススメです。

・何か新作のお陰でクーポンが手に入った『The Escapists 2』をSteamにて500円の購入。バンドルで色んな作品をライブラリーに登録しまくってると、デベロッパーから新作のクーポンが頻繁に届くのでちょっとしたメリットを感じられますね。

・5月31日にはフレンドら遊ぶということで、G2Aで『Warhammer: Chaosbane Magnus Edition』のロシアキーを3000円で購入。先月起動制限が解除されましたが、まあシーズンパスの中身が出揃うまでは積んでおきます・・・。

・6月に入り、IndieGalaで「All Star Heat Bundle」を400円ちょっとで購入。所謂マリカーの『All-Star Fruit Racing』に始まり『Muddledash』と『RAZED』が入っていたのでお得でした。IndieGalaはどマイナーばかりが目立ちますが、たまにこういう良作混じりがあるので侮れません。

・G2AにてRU版『Total War: WARHAMMER』と『QUAKE II』を合わせて1300円で購入。『QUAKE II』をこのタイミングで無理矢理買ったのは、オリジナル版である本作を持っていれば『Quake II RTX』全編が無料で手に入ると知っていたので強行したところです。

・6月末にはSteamサマーセールで大爆発を起こし、DLCを中心に約5000円分の買い物。ゲームは殆ど購入せず『Sleeping Dogs: Definitive Edition』や『60 Seconds!』、『Zup!』までで留めてます。この後すぐに『60 Seconds! Reatomized』が発表されリリースされたのは幸運としか言いようがなかったです。

・上記サマーセールに乗じて同日中にHumbleでは『Endless Legend – Emperor Edition』をMonthly割引とHumbleウォレットを駆使して10円で購入。

Kinguinでもウォレットが何故か余っていたので、それを活用し「Warhammer: Vermintide 2 – Back to Ubersreik」を200円で購入。Vermintide 2のDLCは中々安くならないのでこういったタイミングで買えるのがベストですね。

更にG2AでDLCと併せておま国の『Trillion: God of Destruction』を計500円で購入。ただただおま国だけど安かったので買っただけです。

・6月最後はG2Aで『Age of Wonders III Collection』を600円で購入。元々持っておりDLCを購入しようと思ったものの、DLCを揃えるよりもこっちを買ったほうが安上がりだということに気付き、ライブラリー内の『Age of Wonders III』を削除して有効化しました。削除した際に書いた記事は以下のものになるので困った場合はこちらを活用下さい。

【Steam指南的ガイド】Steamライブラリーからゲームを永久的に削除する方法
Steamライブラリーからゲームを永久的に削除する方法を紹介します。

・7月に入ってもSteamサマーセールは結局我慢できず、来年のアイスボーンを見越してPS4で360時間以上遊んだ『MONSTER HUNTER: WORLD』を3000円にて購入。この後また幸運なことに、5週連続アステラ祭が開催されたことでほぼアイスボーンに向けて準備は万端になりました。

・その後もG2Aでウォレットを使ってRU版の『Sword Art Online: Fatal Bullet』とシーズンパスを2000円で購入し、Steamで最終DLCにあたる「Sword Art Online: Fatal Bullet – Dissonance Of The Nexus Expansion」も1400円で購入。総額は変わっていませんがウォレットを活用したことで1300円に留まっているのは嬉しい部分。

・Steamサマーセールが終了し、まさかのタイミングで最安値更新した『Prey Digital Deluxe』を900円で購入。全部入りでこれは破格で買わずにいられなかったです。

・7月末になってHumbleにて「Humble Hooked on Multiplayer Bundle 2019」を7ドルで購入。常々やりたいと思ってた『Super Animal Royale』に、ウィッシュリストに入れてた『INVERSUS Deluxe』と『Death Squared』、持っていますがオススメできる『Think of the Children』と『Totally Accurate Battlegrounds』も収録されて買わない訳がないです。

翌々日には8月分のMonthlyを契約して『Kingdom Come: Deliverance』と『Surviving Mars』を12ドルでゲット。こんな機会一生ないだろうという内容に感謝!

・8月に入ってFanaticalで毎度買おう買おうと忘れてた「Redemption Bundle」を500円で購入。『Ash of Gods: Redemption』や『Lust for Darkness』が収録されており、所有済みながらスマブラスタイルの『Brawlout』も入っていて十分お得。

・G2AにてRU版『Age of Wonders: Planetfall Premium Edition』を2600円で購入。起動制限掛かってないことは分かっていたのでシーズンパス付きが安く手に入って良かったです。フレンドとやる為に購入したものの『Age of Wonder Ⅲ』から崩したいので遊ぶのは遠くなりそうな予感。10日後にSteam新仕様が発覚し、これが人生最後のRU版購入になっています。

・Fanaticalにて「Bento Bundle 2」を500円で購入。『Astebreed: Definitive Edition』目当てで購入しましたが『The Coma: Recut』という思わぬ収穫があったり、所有済みの『Detention』はフレンドにプレゼント出来たので良いかなと。

・同日にはHumbleで9月分のMonthlyを契約。まさか12ドルで手に入ると思わなかった『Squad』が手に入り嬉しい限り。残念ながら『Slay the Spire』は持っていたのでどうしようかなと検討中。結果的に残り7作品が当たりだったので満足してます。

・Steamで『Conception II: Children of the Seven Stars』と『Slap City』が安かったので合計650円で購入。『Slap City』もスマブラスタイルな作品。『Conception II: Children of the Seven Stars』は『Conception PLUS: Maidens of the Twelve Stars』の続編となっているので前作をクリアするまでは積んでおく予定です。

・8月中旬に入り、G2Aで『Platformines』『Robothorium: Cyberpunk Dungeon Crawler』『Everything』を550円で購入。『Platformines』は忌まわしきバンナムによるおま国作品。この3作で500円なら悪くはないと思います。

・安いからセール来たら欲しいと思ってた『ISLANDERS』がSteamで丁度最安値セールだったので430円で購入。併せてフレンドの方に前作買うと新作が付いてくると言われて『LOST ORBIT – Deluxe Edition』を140円で購入。本当に『LOST ORBIT: Terminal Velocity』が手に入ったので驚きました。

・月末には、まさかの『Ylands』をG2Aにて80円でゲット。今春に正式リリースと言いつつかなりアップデートが遅いですが、あまり安くならないサンドボックス作品だったので結構嬉しかったです。

・Fanaticalでは「Indie Legends IX Bundle」を530円で購入。バンドルに入るとは思わなかった『911 Operator』『Tesla vs Lovecraft』『OPUS: The Day We Found Earth』が手に入りラッキー。『Ice Lakes』も『Warhammer: End Times – Vermintide』も持っていましたが面白いです。

なお『OPUS: The Day We Found Earth』をプレイする前に、前日譚となる基本無料の『Rocket of Whispers: Prologue』を先に遊ぶと良いでしょう。

・Kinguinで余ってたウォレットを使い『Sword Art Online: Lost Song』を630円で購入。これでSteamで買うべきSAOシリーズは両方ともおま国であり、番外編の『Accel World VS. Sword Art Online Deluxe Edition』と架空VRMMOの『Sword Art Online: Hollow Realization Deluxe Edition』のみ。

・G2Aでウォレットを使って『SYNTHETIK: Legion Rising』を650円で購入。Coopのみを切り抜いた『SYNTHETIK: Arena』がありつつも、何処かで本編が欲しいと思っていたのでやっと安く買えました。そのうちバンドルに入ったりしそうな気がしますけど、その時は欲しいフレンドに上げようかなと思います。

・Steamにて『Pagan Online』と『Overdungeon 超载地牢』を計3000円で購入。『Overdungeon 超载地牢』はずっと遊びたかったと思いながらもまだ良いかを続けていましたが、買う前日辺りにたまたま『Slay the Spire』を突発的に遊んだ影響と正式リリースが被ったので思わず購入しちゃいました。

『Pagan Online』については今までおま国でしたが、正式リリースに伴い日本と韓国のおま国が解除され、定価3000円のところ特別価格の2000円で提供されていることで購入しました。数時間遊んでみたもののまだ未完成感が拭えないクオリティーなので、興味ある人は最低でもあと半年待つと良いかもしれないです。

・Humbleで「Humble Spooky Horror Bundle 2019」を500円で購入。4ドルで『Agony』『Darkwood』『Beholder 2』『Pacify』という破格っぷり。持っていたけど『BUTCHER』も良作です。『Agony』には『Agony UNRATED』も付属してきたので文句無しです。

・翌々日にHumbleで『CHKN』を7ドルで購入。5ドル分を別決済からウォレットにチャージし、残りをバンドルカードで払ったのである程度は安く済んだかな。以前から気になってて安くなるタイミングを見計らってたので有り難い限り。

・9月に入り更にHumbleで「Humble RPG Bundle」を4ドルで購入。バンドルに入ることはなかった『Deep Sky Derelicts』『Cat Quest』『Tyranny – Standard Edition』『Pillars of Eternity – Hero Edition』が一堂に会するとは思わず感動。『Immortal Planet』も面白そうで、とんでもないバンドルでした。

・フレンドらがプレイしており自分自身も興味があったので、G2Aで『Guild Wars 2: Path of Fire』を2000円で購入。買い切り型のESO然り、やっぱりMMOは買い切りかF2Pだけど拡張は購入制が一番遊びやすいです。F2Pオンリーの『Black Desert Online』等だと課金が必要になってくるし、本編及び拡張の購入が必要な上に月額制の『FF14』や『World of Warcraft』はちょっと厳しいところです。

・Humbleにて『The Surge: A Walk in the Park DLC』及び『Steamworld Heist: The Outsider』を10ドルで購入。こうやってDLCを購入して揃えないと中々積みゲーを崩す気になれない性分・・・。『The Surge』は西部劇DLCも購入しないと崩せないなと悩み中です。

・G2Aで『Middle-earth: Shadow of War Expansion Pass』を1000円で購入。今なら全部入りの『Middle-earth: Shadow of War Definitive Edition』が最安値1500円で買えますが、発売当初からずっと本編しか持っていなかったのでシーズンパスだけ安く買えてホッとしてます。これでShadow of Warは積み崩せそうです。

 

以上が4ヶ月間購入してきた作品達です。DLC中心に買いまくったお陰で色々と崩しが捗りそうです。とは言ってもまだまだ買えていないDLCは多々あるので、今後もDLCメインに買いながら特筆する作品を安く手に入れていこうと思います。

今回や前回、決済するにあたって使用したバンドルカードも使い勝手良く便利なのでお試し下さい。

Steamなどで利用可能なVISAプリペイドカード「バンドルカード」の使い方【Vプリカとの比較】
Steamなどで利用可能なVISAプリペイドカード「バンドルカード」をVプリカと比較しながら紹介します。

コメント この記事についたコメント

  1. いつもお世話になってます
    このシリーズかなり好きですw

    • ありがとうございます!ただの記録として記してますが、他の人へ何かしら役に立つことがあれば良かったです。

タイトルとURLをコピーしました